スマホ/タブレット

iPad miniをWiFiモデルから Cellularモデルに買い替えた理由

以前、iPad mini 6をセルラーで買った方が良いのではないか?という記事を執筆しました。

iPad Mini 6をCellularモデルで買えば良かったかもしれない話

続きを見る

iPad mini 6 Wi-Fiモデルを購入したものの、外で使うたびにテザリングをしたり、Wi-Fiスポットを探すことが面倒に感じていたので、思い切ってWi-Fiモデルを売却してCellularモデルを購入することにしました。

結果として、自分の用途ならCellularモデルが合っていると分かったのです。

それだけでなく、Cellularモデルであることで得られるメリットにも気づけました。

本記事の内容

  • なぜiPad mini 6をWi-FiモデルからCellularモデルに変えたのか?
  • Wi-FiモデルよりCellularモデルをオススメできる理由
  • オススメのキャリア

これからiPad mini 6を買う人でWi-FiモデルかCellularモデルで悩んでいる人は、本記事を読んで参考にしてほしいです。

【結論】外出先での使用率が多いからCellularモデルにした

iPad mini 6をWi-FiモデルからCellularモデルに変えた理由は、単純にiPad miniを外で使うことが多いからです。

サイズ感がミニマムなので、家の中だけじゃなく外でも使いやすいのでスマホでWebサイトや動画を見るよりiPad mini 6を使った方が圧倒的に捗ります。

それがWi-FiモデルだといちいちテザリングしたりWi-Fi環境を探さないといけないのが面倒なので、回線契約さえしていればいつでもどこでも使えるCellularモデルに切り替えたというわけです。

それだけの理由でCellularモデルにする価値はあるのか?

こういった疑問を持たれるかもしれないので、もう少し深掘りしていきます。

iPad miniをCellularモデルで使うメリット

Wi-Fi環境がない、Wi-Fiの電波が悪い場所だろうと関係なくなる

外出先でiPadを使った作業をしたい場合、だいたいはiPhoneのテザリングを使ってネット回線を利用したり、カフェで利用できる無料WiFiを使用したりすることが多いと思います。

ただ、無料WiFiだと回線速度が安定しなかったり、他の人も使っているのでセキュリティ的に不安なんですよね。

そんな場合でも、Cellularモデルなら回線契約してdocomoやauの回線を利用できるので、安心して使えるでしょう。

しかもiPad mini 6の場合、5Gに対応しているので無料WiFiより速いスピードでネットを利用できるのがメリットと言えます。

iPhoneのテザリングがあれば十分じゃないか?

そう思う人もいるかもしれませんが、テザリングはバッテリー消費が激しいですし、Cellularモデルなら手元にiPhoneがなくても使用できるので自由度が高いところが魅力と言えます。

用途に見合った回線を使用できる

iPad miniは電子書籍や映画を見るのに丁度良いサイズ感ということもあるので、外出先で重宝されやすいです。

しかし、電子書籍や映画を見るためにデータ通信を使おうとするとそれなりにデータ量を使ってしまいますよね。

そんな時、povoのようなデータ使い放題ができるキャリアと契約していると便利です。

povoは1日だけ330円でデータを無限に使えるというトッピングがあります。

流石に毎日使うとコスパが悪いですが、土日だけだったり、旅行中の時に使ったりするならお得だと思います。

電子書籍や映画を本体にダウロードするのも有りですが、ストレージが圧迫されますし、いちいち削除するのも面倒なので、場合によってはストリーミング通信で利用した方が楽です。

といった感じで、スマホの回線でテザリングするのが辛い場面であっても、使用用途に合わせたプランをiPad miniで利用していれば使い勝手が増すでしょう。

GPSが使用できる

Cellularモデルの特権として、GPS機能が備わっているところもメリットの一つになります。

GPSが使えると何が良いのかというと、例えばGPS対応のゲーム(ポケモンGO)などがプレイできます。
もしiPad miniをゲーム用として扱うのであれば、外でゲームしたい場合でもCellularモデルならGPS機能を扱うゲームも難なくプレイできるので、Wi-Fiモデルより使いやすくなるでしょう。

あとは、Google Mapなどのマップアプリを利用してiPad miniをナビゲーションとして使用することも可能です。
iPad miniのサイズ感なら車のカーナビとして使いやすいと思うし、音楽も流せるので使い勝手は良いと思います。

ナビゲーション用としてiPad miniのCellularモデルを使用することは実用的な使い方なんですよね。

使用しているキャリア

僕が使用しているキャリアはpovoになります。

なぜpovoを使っているのか

  • 0円から使用できる
  • 1GBだけ使いたい時や、データ使い放題プランなどがあるので柔軟に使える
  • iPad mini 6が対象機種に入っている
  • eSIMで使える

povoの大きなメリットは基本0円で使用できるというところです。

なんだかんだいって、タブレットはスマホのように日常的に外で使う頻度は少ないと思っています。
そうなってくると、月額制のプランだと使い切らない、もしくはデータ量が足りないというリスクが起きるでしょう。

povoだったら、そんなリスクを気にすることなく使いたいときにデータを購入して使用することができ、柔軟に使用できます。

povoの詳細を見る

デメリットは本体価格

iPad mini 6 Wi-Fiモデルの本体価格が78,800円なのに対して、Cellularモデルの本体価格は102,800円します。

24000円の価格差があるので、この価格差を許容できるかが重要です。

仮にCellularモデルを買ったとしても、外で使う機会が無くなってしまうと途端にCellularモデルとしての価値が無くなってしまうので、日常的にiPadを外で使わなかったり、外で使うか分からない人はWi-Fiモデルで問題ないでしょう。

僕のようにWi-Fiモデルを買ってからCellularに買い換えるのはコストが掛かってしまうだけなので最初からどちらのモデルを買うかは決めたほうがいいです。

Cellularモデルを買うかどうかの考え方は下記を参考にしてみてください。

  • 過去にiPadを使用していて、外で使う経験が多かった人はCellularモデルをオススメ
  • 初めてiPad miniを使うなら基本的にWi-Fiモデルが無難

初めてiPadを使うという人は、まず自分がどのようにiPadを使うのかビジョンが明確でないこともあると思いますので、漠然とした感じでCellularモデルを買っても、そこまでモバイル回線を使うことなく持て余すかもしれません。

いずれにせよ、Cellularモデルをどういう目的で使うのか、ある程度の方針が決まっていない内はWi−Fiモデルが無難という話になります。

まとめ

結果的にCellularモデルに切り替えて満足できた理由は、「iPad mini」だからだと思います。

他のiPadだと、外に持ち歩くにも大きいし、カバンへの出し入れも面倒そうな気がしたので今まで買ったiPadはWi-Fiモデルにしていました。

ですが、今回のiPad miniは外にも持ち運びしやすいし、どんな場所でも使いやすいという利点があったのでCellularモデルとしての使いやすさを感じられたんだと思います。

もしこれからiPad mini 6を買う予定の人でWi-FiモデルかCellularモデルかで悩んでいる人は、本記事だけでなく、下記記事を参考にしてみてください。

合わせて読みたい
iPad Mini 6をCellularモデルで買えば良かったかもしれない話

続きを見る

合わせて読みたい
【iPadで後悔したくない人へ】購入前に考えるべき1つの決め事

続きを見る

ヤマ

IT企業で働きつつ副業でガジェット系のブログを運営中。 「ガジェットで仕事も趣味も充実させる」をモットーにブログを運営しております。 ガジェットに興味があるけど買って後悔しないか、自分には合わないだろうか、そういった悩みを解決できるような記事を書いています。 ブログやWebライティングが好き。

-スマホ/タブレット
-, , ,