当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

タブレット・パソコン

iPad Air 第6世代は買うべき?どんな人に必要なのか考えてみる

2024年5月9日

2024年5月7日に新型iPadのイベントが開催され、iPad Air 第6世代の11インチと13インチモデルが発表されました。

これまで12インチ以上のiPadはProモデルしか選択肢がなかったので、Airでも大画面iPadを使えるのは嬉しいです。

しかし、価格が高すぎる。11インチはギリギリ10万円以内に収まっていますが、13インチは13万円程度という高さ。

果たしてiPad Air 第6世代は買うべきなのか?どんな人に必要なのか?発売前の段階ですが、考えをまとめてみました。

iPad Air 第6世代のスペック

機種名iPad Air 第6世代 11インチiPad Air 第6世代 13インチ
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
2,360 x 1,640ピクセル
輝度:最大500ニト
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
True Tone
Apple Pencilのホバー
Liquid Retinaディスプレイ
2,732 x 2,048ピクセル
輝度:最大600ニト
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
True Tone
Apple Pencilのホバー
サイズ247.6 × 178.5 × 6.1 mm280.6 × 214.9 × 6.1 mm
重さ462 g617 g
チップM2チップM2チップ
バッテリーWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
アウトカメラ12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のスマートHDR 4
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のスマートHDR 4
フロントカメラ超広角カメラ(横向き)
12MPの写真
ƒ/2.4絞り値
2倍のズームアウト
センターフレーム
True Tone搭載Retina Flash
写真のスマートHDR 4
超広角カメラ(横向き)
12MPの写真
ƒ/2.4絞り値
2倍のズームアウト
センターフレーム
True Tone搭載Retina Flash
写真のスマートHDR 4
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB
ネットワークWi-Fi 6E
eSIM(Cellularモデルのみ)
Wi-Fi 6E
eSIM(Cellularモデルのみ)
BluetoothBluetooth 5.3Bluetooth 5.3
コネクタUSB-C
Smart Connector(裏面)
USB-C
Smart Connector(裏面)
認証Touch IDTouch ID
スピーカーステレオスピーカー(横向き)低音が2倍のステレオスピーカー(横向き)
対応アクセサリーApple Pencil Pro
Apple Pencil(USB-C)
Magic Keyboard
Apple Pencil Pro
Apple Pencil(USB-C)
Magic Keyboard
価格(Wi-Fiモデル)98,800円(128GB)
114,800円(256GB)
150,800円(512GB)
186,800円(1TB)
128,800円(128GB)
144,800円(256GB)
180,800円(512GB)
216,800円(1TB)
価格(Cellularモデル)124,800円(128GB)
140,800円(256GB)
176,800円(512GB)
212,800円(1TB)
154,800円(128GB)
170,800円(256GB)
206,800円(512GB)
242,800円(1TB)

両モデルとも、カメラの位置がセンター寄りになっています。そのため、横画面にしたとき自然な画角でビデオ通話できるのがメリット。

そのほか、M2チップや、Apple Pencil Proに対応しているところが、第5世代からの大きな変化になると思います。

ただ、11インチはあまり変わっていない印象なので、注目すべきは13インチでしょう。

画面サイズの違いだけでなく、「低音が2倍のスピーカー」という表記になっています。どれほど音質が違うのか気になるところですね。

ディスプレイは相変わらずプロモーションディスプレイに対応していないので、60Hzのままです。Proモデルと差別化したいためとはいえ、この価格で60Hzなのは少し残念。

また、注意点としてCellularモデルはeSIMしか対応していません。物理SIMが使えないので、iPad AirのためにeSIMを発行する必要があります。

iPad Air 第6世代はどんな人に必要か

新品の大画面iPadを安く買いたい人

iPad Air 第6世代から13インチモデルを購入できるようになったので、ただ大きいiPadを使いたい人にとっては朗報です。

大画面サイズのためにiPad Proを買うのはオーバースペックなので、13インチAirはありがたい選択肢だと思います。

とはいえ価格は13万円前後なので、あまり安くはありません。それでも、最新のiPad Pro 13インチを買うよりは遥かに安い。

それに、iPad Air 第6世代は11インチiPad Pro 第4世代と処理性能が同じなので、普段使いで困る場面はありません。

クアッドスピーカーやプロモーションディスプレイは非対応なので、人によっては気になるかもしれません。ただ、よほど快適にイラスト作成したい人じゃないと、プロモーションの恩恵は感じづらいかと。

悩ましいのは、型落ちのiPad Pro 12.9インチ第4世代が中古で10万円くらいということ。こっちは120Hzのリフレッシュレートとクアッドスピーカーに対応しているので、コスパが良いです。

中古でも抵抗がなければ12.9インチiPad Pro 第4世代にして、新品が欲しいなら13インチiPad Air 第6世代という選択肢がベストだと思います。

ちなみに、iPad Air 第6世代の11インチに関しては、最安モデルでもストレージが128GBになっています。iPad Air 第5世代だと最低64GBなので、流石に少ない。これからどっちか選ぶなら、第6世代の方が汎用性は高いでしょう。価格だけ優先するなら第5世代でも有り。

やはり価格の高さが気になる

13インチモデルはAir史上初めての大画面サイズなので、魅力的に感じる一方、価格の高さがネック。そもそもタブレットに13万円ほど出して何をするのか?

13万円もあればM2 Macbook Airも視野に入ります。クリエイティブに使いたいなら、まだまだパソコンの方が自由度は高いでしょう。

私の中では、タブレットに10万円以上出してまでやれることって、なかなか思いつかないんですよね。

もしも、今後のアップデート次第でiPadを使うべき理由が増えるなら、10万円以上を出す必要性があるかもしれません。

普通に使いたいならiPad 第10世代で充分

iPadを買ってまでやることが動画視聴やゲームくらいなら、iPad 第10世代でも問題ない気がします。

発売当初はコスパの悪さが目立っていた第10世代ですが、2024年5月から1万円ほど値下げされ、Wi-Fiモデル(64GB)なら58,800円で購入可能。

5万円台なら悪くない価格だと思うので、普通におすすめできます。

性能自体は、現行のiPadと比べれば低いものの、タブレット界では上の方に入るレベルです。少なくとも同価格帯のAndroidタブレットより高性能なのは間違いない。

ハイスペックすぎるiPadは必要なく、ただ使いたいだけならiPad第10世代の方が向いています。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

使っていて楽しいガジェットの紹介や、自分なりの価値観を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-タブレット・パソコン
-, ,