タブレット・パソコン

【iPad第10世代を使用した感想】中途半端な性能でも満足できるタブレット

2023年10月17日

本記事では、iPad第10世代を購入して半年ほど使用した感想を紹介します。

第10世代の発表時はコスパが悪い印象だったので購入する気はなかったのですが、実物を見てみると本体カラー気に入ってしまったので購入しました。

というのは建前で、「最新のiPadの性能がどれくらい快適なのか試したい」という気持ちで購入したのが一番になります。

実際に使ってみると使い勝手は悪くないですし、性能の高いiPadを求めないなら丁度良いです。とはいえ、iPad第10世代のコスパの悪さは認めざるを得ないので、デメリットも含めて使用した感想を紹介していきます。

iPad 第10世代になって進化したところ

機種名iPad 第10世代iPad 第9世代
画面サイズ10.9インチ10.2インチ
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
2,360 x 1,640ピクセル

最大500ニト
sRGB
True Toneディスプレイ
Retinaディスプレイ
2,160 x 1,620ピクセル
最大500ニト
sRGB
True Toneディスプレイ
チップA14A13
バッテリーWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
カメラ12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値

最大5倍のデジタルズーム
写真のスマートHDR 3
8MP広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のHDR
コネクタUSB‑CLightning
認証トップボタンにTouch IDホームボタンにTouch ID
スピーカーステレオ(横向き)ステレオ
ペンシルApple Pencil(第1世代)に対応Apple Pencil(第1世代)に対応
キーボードMagic Keyboard Folioに対応Smart Keyboardに対応
ストレージ64GB
256GB
64GB
256GB
サイズ高さ:248.6 mm
幅:179.5 mm
厚さ:7 mm
高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚さ:7.5 mm
重さWi-Fiモデル:477 g
Cellularモデル:481 g
Wi-Fiモデル:487 g
Cellularモデル:498 g
ネットワークWi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/ac/ax)
5G対応

ギガビットLTE(最大32バンド)
Wi‑Fi 5(802.11a/b/g/n/ac)
ギガビット級LTE(最大27バンド)
BluetoothBluetooth 5.2Bluetooth 4.2
価格Wi-Fiモデル:58,800円(64GB)、84,800円(256GB)
Cellularモデル:84,800円(64GB)、110,800円(256GB)
Wi-Fiモデル:49,800円(64GB)、71,800円(256GB)
Cellularモデル:69,800円(64GB)、91,800円(256GB)

iPad 第9世代から大きく進化したところはデザインそのものでしょう。

ホームボタンを廃止したことでディスプレイサイズが大きくなったり、USBポートをType-Cに変えたりしたので見た目が大きく変わりました。指紋認証はサイドボタンからできるようになりました。

ただ、性能自体は大きく変わっているわけではないですし、Apple Pencil第2世代に対応していないため、少し中途半端に感じるところもあります。

iPad 第10世代が中途半端だと思うポイント

Apple Pencil第2世代に非対応

どういうわけかApple Pencil第2世代には対応させず、第1世代をそのまま使えるようにしています。

Apple Pencil第1世代だと充電方法がlightning端子を使うかUSB-Cに変換するコネクタが必要になるので、面倒な充電方法になりますね。

さらに、iPad Proのようにペンシルをマグネットで設置させつつ充電するスタイルにもできないので、手書きを多用する人にとっては扱いづらいでしょう。

簡単な対策としては、Apple Pencil第1世代を使わずにサードパーティ製のペンシルを使い、ペンシルホルダーを貼り付けましょう。

私が使っているスタイラスペンはUSB-Cで充電できてiPad 第10世代に対応しているので使いやすいです。

Apple Pencil第1世代は純正品ではありますが、特別性能が良いわけでもないので、素直に社外製のペンシルを使う方がいいでしょう。

また、ペンシルホルダーは簡単に貼り付けることも剥がすこともできるのでオススメです。

価格が高い

iPad 第9世代は5万円前後なのでコスパが高いのですが、iPad 第10世代は7万円前後もするので割高な印象。

第10世代になってデザインが大幅に変わったものの、中身の性能自体は第9世代からそこまで変わっていません。とはいえ、iPad AirやProを買うよりは値段が安いです。

無印iPadはクリエイター向けというよりはライトユーザー向けの性能なので、もう少し安くしてもよかったと思います。

USB-Cだけど転送速度は第9世代から変わらない

Type-Cに対応したものの、USB2.0という規格になっているので、通信速度に関しては第9世代から変わっていないです。

iPad 第9世代はlightningケーブルですが、転送速度はUSB2.0と同じ性能のため、結局のところiPad 第10世代の転送速度は進化していないんですよね。

とはいえ、USBポートの性能というのは日常で使っていてそこまで気になりません。

充電速度に関してはiPad 第9世代だと最大20Wまでのところ、iPad 第10世代になって30W以上に対応するようになったので、高速で充電できるようになりました。

それだけでもUSB-Cになって良かったと思うので、通信速度が速くなっていないところは許容するしかなさそうです。

ディスプレイ性能が地味に残念

iPad 第10世代からLiquid Retinaディスプレイになって品質は上がりましたが、フルラミネーションディスプレイや反射防止コーティングには対応していないです。

フルラミネーションディスプレイというのは、簡単に言うと手書きする時のペン先のズレを無くす技術です。

フルラミネーションディスプレイに対応していないと、手書きした時にズレが生じるので、細かい線を書きたい時に思うように書けないといったデメリットがあります。

できれば対応していて欲しかったですが、対応していなかったところで手書きが全然できないわけではありません。

私は絵を書くよりメモを書く方が多いですが、文字を書くだけならフルラミネーションディスプレイじゃなくても違和感なく書けます。

ただ、iPad 第10世代はApple Pencil第2世代に対応していないので、手書きの性能が第9世代から大して進化していないのは気になるところですね。

iPad第10世代を使って感じたメリット

シンプルに性能が良い

全体的に中途半端な性能が目立ってしまうiPad 第10世代ですが、それでもiPad 9世代よりチップ性能が上なので性能は高いです。Youtubeでの動画再生や処理が重たいゲームなど、ストレスなく使えているので快適

A14 Bionicチップを搭載しているので、iPhone 12シリーズやiPad Air 第4世代と同じ性能になります。

型落ちのチップを使っていますが、それでも普段使いでストレスなく使える性能です。

これまでのiPadと比べると微妙な立ち位置のiPad 第10世代ですが、それでも性能は良いのでiPad Proみたいな使い方をしないのであれば十分でしょう。

とはいえ、iPadの用途がネットサーフィンや動画視聴だけだと明らかに性能を持て余してしまうので、価格に見合わないかもしれません。それならiPad 第9世代にするか、Androidタブレットの方が割に合うでしょう。

Magic Keyboard Folioを使うことで作業が捗る

iPad 第10世代用のMagic Keyboard Folioはトラックパッド付きなのでノートPCのように操作できるのが特徴です。

これまでの無印iPad用のキーボードだとトラックパッドが付いていなかったので、ややPC的な使い方がやりづらい印象でしたが、今回はトラックパッド付きなのでPCっぽい操作ができます。

トラックパッドの性能はMacbook並みに使いやすいので、普通のマウスを使うよりiPadを操作しやすいです。

ただ、値段が3万円以上という高さなのでオススメしづらいところですが、iPadで文章作成や資料作成など簡単な作業をしたい人にとっては必要なツールと言えます。

実際に使った感想を記事にしているので、そちらも参考にしてください。

【Magic Keyboard Folioレビュー】良いキーボードだけど値段が高すぎ

続きを見る

カラフルなデザインが魅力的に感じる

iPad 第10世代の本体カラーはこれまでにないカラフルなデザインなので、見た目を重視する人にオススメしやすいです。私はブルーを選びましたが、他にもオレンジやピンクがあるので、これまでと違ったカラーのiPadを楽しめます。

iPad Airにもブルーはありますが、どちらかというと第10世代の方が濃い目の青色という感じなので、個人的には好みの青色です。

カラフルな配色が揃っていますが、シンプルなカラーが白色しか用意されていないので、黒色などシンプルな方が好きな人にとってはメリットにならないかもしれません。

インカメラの位置が真ん中になっている

iPad 第10世代で地味に良いところだと思ったのがインカメラの位置です。他のiPadだと本体を横向きにしたときのインカメラの位置が真ん中にならないので、ビデオ通話をする時に自然な角度にならないのが不満でした。

ですが、iPad 第10世代だと横向きにした時にインカメラが真ん中に来るので、自然な画角で自分を映せます。このおかげでZoomのビデオ通話がやりやすくなったので、インカメラの位置の変更は素晴らしいです。

もしiPadをビデオ通話用途で使いたい場合、iPad 第10世代は積極的にオススメできるデバイスになります。

多くを求めないなら第10世代で問題なし

iPad Airほどの性能は求めないけど、軽い作業をしたい時に使ったりキーボードを使ってノートPCっぽく使いたかったりしたい時に第10世代は丁度良いでしょう。

最近のiPadは性能が高すぎるし価格も高いので、iPad 第10世代くらいの性能が身の丈に合っている気がしました。

Pad 第10世代の購入に悩む方は、他にも記事を書いているので参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

使っていて楽しいガジェットの紹介や、自分なりの価値観を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-タブレット・パソコン
-, , ,