当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

タブレット・パソコン

10.5インチのモバイルモニターを買ってみたらUMPCとの相性が良すぎた件

2024年1月16日

持ち運びやすいモバイルモニターが欲しいけど、どれも画面が大きすぎてカバンに入れづらい。

カフェで作業しようにも、本体が大きすぎて作業スペースが取りづらい。

そんな悩みを解決してくれるのがMoonkaの10.5インチモバイルモニターです。

私はカフェで作業することが多く、最近はGPD WIN Mniという小さいPCを使って作業することが増えました。

ただ、流石に画面が小さすぎて作業しづらい。

持ち運びやすいモバイルモニターを探していたら上記のモバイルモニターに辿り着きました。

USB-C一本で接続できて簡単だし、画質も綺麗で作業しやすいですね。

なにより本体の重さが250gという超軽量で、ショルダーバッグに入りやすいサイズです。

おかげで出先での作業が捗るようになりました。

そんなmoonka モバイルモニター 10.5インチのレビューをしていきます。

軽量でコンパクトだから取り回しやすい

本体の箱
付属品

一般的なモバイルモニターのサイズは13~15インチというサイズで、ノートパソコンと組み合わせて使うことが多いでしょう。

しかし、moonkaのモバイルモニターは10.5インチという珍しいサイズ。

iPadのような一般的なタブレットと同じサイズ感です。

Galaxy Tab S9 FEと大差ないサイズ

それゆえに、持ち運びしやすくて外出先での作業に使いやすいのです。

付属のケース付きだと約423gですが、ケースを外せば約240gという軽さ。

ケース有りの重量
ケース無しの重量

加えてサイズがコンパクトなので、ショルダーバッグに入れても持ち運びしやすいですね。

GUのナイロンツイルメッセンジャーバッグに入れています

デバイスとはUSB-C一本で接続できるし、HDMIでの接続も可能。

大画面のモバイルモニターだと持ち運びが面倒ですが、Moonkaのモバイルモニターなら気軽に持ち運べるでしょう。

GPD WIN Miniと組み合わせてモバイル作業環境を作ると捗る

私の場合、GPD WIN Miniという小型のPCと組み合わせて作業することが多いです。

GPD WIN Miniのような小さいPCのことをUMPCと呼ぶのですが、こういったPCは単体だと画面が小さくて作業がしづらい。

そんなデメリットを埋めてくれるのが10.5インチのモバイルモニターです。

MoonkaのモバイルモニターはフルHDだから画質が綺麗だし、特に問題なく使えます。

なにより、GPD WIN Miniと組み合わせても荷物がかさばりづらいところがメリットです。

より使いやすいように、モバイルモニターの裏面にMajectandというスタンドと、エレコムの薄型モバイルバッテリーを張り付けています。

20cmのケーブルをつけっぱなしにして、ケーブルクリップでまとめています。

おかげでモバイルモニターへの電源供給を簡単にしてくれますし、見やすい画面で作業できるようになります。

モバイルバッテリーはマグネットシールでくっ付けると取り外しやすくなるので便利ですよ。
ただ、磁力が弱いのでもっと強い磁力のシールを使った方がいい気がする。

自宅で使う場面はほとんどない

正直なところ、外出先で使うことは多くても、自宅で使うことはほとんどないです。

というのも、自宅なら31インチのモニターで作業できるので、わざわざ使う必要性が薄いです。

それに、Galaxy Tab S9 FEの機能を使えばワイヤレスディスプレイとして使えるので、簡単に画面の拡張ができます。

とはいえ、ワイヤレスディスプレイだと遅延があったり画面が荒れやすかったり、多少のストレスはあります。

そのため、Moonkaのモバイルモニターは外出先で作業する用のガジェットになっています。

付属のカバーの付け外しが面倒

付属のカバーはマグネットではなく、ネジで繋がっています。

つまり、カバーを外したいならネジを外すほかありません。

ネジに関しては工具がないと外しにくいので、100均にあるドライバーセットを使うのがおすすめです。

カバーを外した方が重量が軽くなりますが、ディスプレイを守れなくなるというリスクがあります。

これに関しても、100均のタブレットケースを使ってあげるとよいでしょう。

私の場合、Magic Sleeveというマグネットケースを使っています。

縁にマグネットが内蔵されているので、 開いた状態から閉じればケースになるという優れものです。

こういったケースと組み合わせて使うと利便性が上がるでしょう。

グレア液晶だから若干見づらい

Moonkaの10.5インチモバイルモニターはグレア液晶なので、画面が反射しやすいです。

グレア液晶だと外からの光が入って画面が見づらくなり、目が疲れやすいというデメリットがあります。

さらに、ホコリや指紋が目立ちやすいので、頻繁に汚れをふき取る必要があるでしょう。

その代わりノングレア液晶よりも画面が綺麗に見えるので、一長一短といったところですね。

【まとめ】10.5インチのモバイルモニターは意外と使いやすい

画面が小さいモバイルモニターは外出先で活躍しやすいです。

特に、UMPCと組み合わせて外出先で作業するのは今のところ快適な使い方だと思っています。

しかし、スマートグラスを使えば、外でも大画面で作業するのが簡単になるんですよね。

そうは言ってもスマートグラスは高価なので、低コストでモバイル作業環境を作るならモバイルモニターの方がよいでしょう。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

気になったガジェットをレビューしたり、デスク周りを快適にするための情報を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-タブレット・パソコン
-, , ,