当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

スマホ

価格が安い折りたたみスマホを使いたいならMotorola razr40sがおすすめな理由5選

2024年1月13日

最近折りたたみスマホを購入して後悔した記事を書きましたが、性懲りもなく新しい折りたたみスマホを購入しました。

モトローラのrazr 40sという折りたたみスマホで、ソフトバンクで他社乗り換えで1年後に返却すると実質9,912円になるため安い。

折りたたみスマホの耐久性は期待できないし、1年も使えれば十分と思ったので、レンタルで使うのがちょうどいいですね。

そんなこんなで、razr 40sを使った感想を踏まえながら、おすすめできる理由を5つ紹介します。

Razr 40sがおすすめな5つの理由

他の折りたたみスマホより価格が安い

機種名Motorola razr 40sMotorola razr 40 UltraGalaxy Z Flip 5Galaxy Z Flip 4
価格121,680円(ソフトバンク)139,800円(IIJmio)154,300 円(au)99,000円(楽天モバイル)
分割価格新トクするサポート適用時
826円(1~12回)
=9,912円
5,832円(×24回)スマホトクするプログラム適用時
3,480(初月)
+3,460(×22回)
=79,600円
4,125円(×24回)
2,062円(×48回)

上記のソフトバンクの分割料金には下記の条件があります。

ポイント

  • ソフトバンクオンラインショップで他社から乗り換えることで最大21,984円の割引が付く
  • 契約時に48回払いで購入し、新トクするサポート(バリュー)をオプションで適用する
  • 13回目の支払いで端末を返却する

要するに、ソフトバンクオンラインショップへ他社から乗り換え、48回払いを選択して13回目の支払い時に端末を返却すれば実質9,912円で利用できるというわけです。


他社から乗り換えないなら21,984円の割引が付かないので、実質31,896 円の支払いになります。

一括で購入するならGalaxy Z Flip 4が最安ですが、折りたたみスマホを試したいという感覚で使うなら実質9,912円で利用できるrazr 40sの方がコスパが高いですね。

レンタルに抵抗を感じる方は多いかもしれませんが、折りたたみスマホは1回使ってみないと継続して使う気になれるか判断しづらいと思うので、レンタルする選択肢は有りです。

過去にGalaxy Z Flip 5を購入したけど後悔しているので、折りたたみスマホは低価格で購入して気軽に使う方が精神的に楽ですよ。

Galaxy Z Flip 5を購入したけど後悔した理由とは?実際に使った感想も紹介

続きを見る

普段使いしやすい性能

プロセッサにSnapdragon 7 Gen 1を搭載しており、AnTuTuベンチマークスコアは約65万ほどです。

普段使いは快適な性能ですが、ハイスペックというわけではありません。そのため、ゲームにこだわる方だと物足りないと感じます。

バッテリー容量は4,200mAhなので、1日くらいは余裕で使えるレベルです。

カメラ性能に関しては、メインカメラが6400万画素となっており、AI補正機能をONにすれば撮った写真を良い感じに加工してくれます。

自動補正なし
自動補正あり

最大8倍ズームが可能で、思ったより解像度が高いですね。

夜景に関しても、綺麗に撮れているのではないでしょうか。

画面について、6.9インチの有機ELディスプレイを搭載し、リフレッシュレートが144Hzだから非常に滑らかです。

アウトディスプレイは1.5インチという小ささですが、タッチ操作ができるのでスマートウォッチを操作しているような感覚で使えます。メールの内容を確認するくらいなら支障はないですね。

あと、アウトディスプレイは下記の機能が使えます。

  • 通知表示
  • メディアコントロール
  • タイマー
  • スケジュール
  • 連絡先表示
  • 天気予報
  • レコーダー
  • 通話
  • 自撮り

アウトディスプレイの画面サイズが大きいGalaxy Z Flip 5と比べると、折りたたんだ状態で使える機能はとても少ないです。

Galaxy Z Flip 5ならほとんどのアプリを動かすことが可能

とはいえ、Galaxy Z Flip 5のアウトディスプレイは万能ではなので、結局のところ必要最低限の機能さえ使えれば十分な気がします。

それに、アウトディスプレイは時計のデザインをカスタマイズしたり、パネルの編集ができたり、それなりにカスタマイズできます。

折りたためばコンパクトなサイズで使えますし、おサイフケータイも使えるので日常的に使いやすいですよ。

オーディプレイヤーとして使いやすい

razr 40sは最新のコーデックを搭載しており、LHDCやaptX Adaptiveにも対応しています。

オーディオにこだわる方なら嬉しいポイントではないでしょうか。試しにEarFun Free Pro 3に接続したらaptX Adaptiveで接続できました。

LHDCを試したいならNeoBuds Pro 2がお手頃価格なのでおすすめです。

LHDCで聴くとLDACよりも質が違うので新鮮な感覚になれます。

なにより、アウトディスプレイがあるとメディアコントロールしやすいので、昔のウォークマンを使っているような感覚になれますね。

それに、USB DACを繋げば気軽に持ち運べるオーディオプレイヤーになれますよ。

razr 40sはスマホで音楽を聴くのが好きな方におすすめできます。

価格が安いのに本体の質感が良い

しばらく使っていて思ったのが、本体の質感が良い

背面がヴィーガンレザータッチという素材を使用しており、サラサラで指紋や傷が目立たないです。

フレームはアルミ素材だから、全体的に高級感があります。

画面を開いたときの感じは安っぽくないので、しっかり作られていますね。

メインディスプレイには保護フィルムが最初から貼ってあるので、別途購入する必要がないのはメリットです。

注意点として、貼ってあるフィルムを外してしまうと保証対象外になるので、レンタルする方は外さない方がよいでしょう。

傷が目立ちにくい素材を使っているとはいえ、致命的な傷が付くのは怖いので一応クリアケースとアウトディスプレイの保護フィルムを購入。

サブのスマホとして使いやすい

私はrazr 40sをサブ機として使い、メインはiPhone 14にしています。

iPhone 14をメインにしている理由は無いんですが、折りたたみスマホをサブ機として使うためにiPhone 14をメインにしています。

Galaxy Z Flip 5をメイン機として使っていたときに思ったのは、頻繁に折りたたんだり開けたりするのが面倒ということでした。

メインスマホだと必然的に使用率が上がってしまうので、パカパカと開閉する頻度が増えるわけです。

ですが、サブ機にしてしまえば必要最低限な使い方ができるし、ほぼ折りたたんだ状態で使えます。

それが良いか悪いかと思うのは使う人次第ですが、私はしっくりくる使い方だと思っています。例えば、音楽を聴くためだけに使ってもいいし、財布として使ってもいいでしょう。

Webブラウジングや動画視聴はrazr 40sの方が大画面で見やすいですね。

レンタルで実質9,912円で使えるなら、上記のような使い方も有りです。一括購入だと話は別ですが、レンタルという前提があるならサブ機として使いやすいのではないでしょうか。

ソフトバンクで契約するときに注意すること

プランは基本的に高い

全て税込みで、割引なしの状態の価格を記載しています。

プラン名ペイトク無制限ペイトク50ペイトク30メリハリ無制限ミニフィットプラン+
料金9,625円8,525円7,425円7,425円3,278円/4,378円/5,478円
データ容量無制限50GB30GB無制限1GB/2GB/3GB
スマホデビュープラン+というプランもありますが、ガラケーからスマホに乗り換える人しか契約できないプランなので省きました。

上記の価格は様々な割引が適用されないと割高すぎますね。

もし契約するなら、ミニフィットプラン+を選択してデータを使用せずに乗り換えれば初月は3,278円の消費で済みます。

契約してすぐに乗り換えるとブラックリストになると心配する方がいるかもしれませんが、割とグレーゾーンなんですよね。

私は2023年の11月に特価スマホを購入するためにソフトバンクを契約してすぐに解約したものの、その翌月にrazr 40sを購入できています。

とはいえ結局のところ自己責任なので、ブラックリスト入りが心配なら半年ほど継続するのが無難でしょう。

ただ、2023年の時点で、短期解約を理由にブラックリスト入りするのは違法だと総務省は判断しています。

総務省は28日、携帯電話の契約を短期で解約されたことを理由に、事業者が新しい契約を拒むのは電気通信事業法に違反するとの判断を示した。

携帯の短期乗り換えで「ブラックリスト入り」、総務省は違法と判断「契約拒否できない」|読売新聞

そのため、頻繁に契約と解約を繰り返さない限りは、他社に乗り換えるだけでブラックリスト入りする確率は低いと言えるでしょう。

レンタルの仕組みを理解しておく

レンタルというのは、「新トクするサポート」のことを指します。

新トクするサポートサポートは2種類あります。

新トクするサポート(バリュー)新トクするサポート(スタンダード)
内容25ヵ月目以降の特典申し込み&機種回収で最大24回分の支払いが不要13ヵ月目以降の特典申し込み&機種回収で最大36回分の支払いが不要
対象機種新トクするサポート(スタンダード)の対象じゃない機種
詳しくはこちら
iPhone 14
・Google Pixel 8
・Xiaomi 13T Pro
motorola razr 40s
※執筆時点で対象機種は上記スマホのみ

1年間レンタルして返却できるスマホは上記4つのみで、その中にrazr 40sが含まれます。

いずれも契約するときに48回払いを選択すれば自動的にプログラムが適用されます。

ちなみに、このプログラムを無視して分割を払い続ける、もしくは一括購入することで本体を買い取ることもできますよ。

特典申し込みというのは、返却できるタイミングになったときにソフトバンク店舗かオンラインで手続きをして返却キットを受け取り、スマホを査定に出すという意味です。

査定なので、本体に致命的な傷があったり、動作しなくなっていたらペナルティで22,000円の支払いが発生してしまいます。

詳しくはトクするサポートの注意事項を確認してください。

不安な方は、契約時に安心保障パックを申し込むことで、1年ごとに合計2回まで修理が無料になるのでおすすめです。

ソフトバンクを解約すると返却が面倒になる

新トクするサポートはソフトバンクを解約しても得点を申し込むことは可能ですが、手続きが面倒くさくなるようです。

下記のサイトが参考になります。

要するにソフトバンクを解約すると、契約情報や端末料金を確認するページが見れなくなるので、返却するときに手間かかってしまいます。

私はそんなことを知らずに解約してしまいましたが、サポートに電話すればいいだけの話なので重く捉える必要はないと思います。

大したデメリットではありませんが、ソフトバンクを解約するつもりの方は先述したサイトに目を通しておくとよいでしょう。

一括購入したいならIIJmioが安くておすすめ

レンタルが面倒だと感じる方はIIJmioで一括購入するのがおすすめです。

IIJmioならMNPすれば約8万円で購入できるので、比較的安い価格で折りたたみスマホを使えます。


機種名はrazr 40となっていますが、中身はほとんど同じです。IIJmioはプラン料金が安いので、スマホ料金を節約できるメリットがあります。

まとめ

razr 40sのポイント

  • 他の折りたたみスマホより価格が安い
  • 普段使いしやすい性能
  • 音楽再生デバイスとして使いやすい
  • 価格が安いのに本体の質感が良い
  • サブのスマホとして使いやすい

ソフトバンクで購入したことにより、低価格で折りたたみスマホを利用できているので満足です。

折りたたみスマホを使ってみたい方は、ソフトバンクでレンタルするのがおすすめです。

3/31までに購入すれば最大20,000のPayPayポイントが抽選で貰えるキャンペーン実施中

PayPayポイントプレゼントキャンペーン実施中

2024年3月31日までにソフトバンクでrazr 40sを購入するとPayPayガチャに応募することができます。

抽選で20,000ポイント、10,000ポイント、5,000ポイント、3,000ポイントのどれかが必ず当たります。
ポイントは4月ごろに、応募した電話番号宛てにSNSで送られてきます。

私は5000ポイントが当たったので、実質4,412円でrazr 40sを利用できていることになりますね。

3000ポイントでも貰えればお得なので、ぜひキャンペーン中にrazr 40sを購入してみてください。

razr 40sのPayPayガチャキャンペーンの詳細はこちら

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

気になったガジェットをレビューしたり、デスク周りを快適にするための情報を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-スマホ
-, , , ,