当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ワイヤレスイヤホン

最強コスパのワイヤレスイヤホン!Earfun Free Pro 3をレビュー

2023年12月11日

これさえあれば、しばらくワイヤレスイヤホンを買い替えなくていいだろう。そんなワイヤレスイヤホンがEarFun Free Pro 3です。

もはや1万円以下であることが不思議に感じるほどのコスパを持っている製品です。オーディオ評論家の審査によって選ばれる「VGP 2024」で金賞を受賞しており、専門家からの評価も高いです。

それでいて価格が9,480円という破格っぷりです。

評判通り、実際に使ってみても音質の良さと多機能っぷりに満足できています。そんなEarFun Free Pro 3をしばらく使ってみた感想を紹介していきます。

本記事はメーカー様より提供品を受けて作成しています。

EarFun Free Pro 3の特徴

主な特徴

  • 高音質で低遅延のaptX Adapriveや、Snapdragon Soundに対応
  • ハイブリッドノイズキャンセリング機能やマルチポイント接続など対応
  • バッテリーは最大33時間使えることが可能で、急速充電とワイヤレス充電にも対応
  • IPX5の防水性能を搭載で雨の日でも安心して使える

それぞれの特徴について解説していきます。

aptX AdaptiveとSnapdragon Soundに対応で低遅延&高音質

対応コーデック

  • aptX Adaptive
  • LC3
  • SBC
  • AAC

iPhoneだとAACかSBCしか対応していませんが、対応しているAndroidスマホならaptX AdaptiveやLC3を利用できます。

aptX Adaptiveはハイレゾ相当の音質と、安定した接続性があるのでスマホゲームや映画鑑賞で遅延を感じづらいというメリットがあります。

ちなみに、LC3というのは最新のオーディオコーデックのことで、低消費電力で高音質なオーディオ再生を可能にするといった特徴があります。

ですが、今のところ対応機種がXperia 1 ⅳやXperia 5 ⅳといったSONYのスマホのみなので限定的です。

詳細は下記サイトから参照ください。

Snapdragon Soundとは

aptXを開発したクアルコム社による最新コーデックのことです。

低遅延かつ高音質なオーディオ再生と音声通話が可能になります。

Snapdragon Soundに関しても対応スマホが少ないので、効果を実感できる機会を得られづらいところはデメリットでしょう。

とはいえ、低価格で最新オーディオ技術を搭載しているのは凄いことですね。

Snapdragon Sound対応機種の一覧はこちら

ノイズキャンセリングやマルチポイントなど機能が豊富

ポイント

  1. 最大2台のデバイスを繋げるマルチポイント機能
  2. 最大43dBノイズキャンセリング対応
  3. 計6機のENCノイキャンマイク搭載
  4. 充電ケース込みで最大33時間再生可能
  5. ワイヤレス充電、急速充電に対応
  6. IPX5の防水性能を搭載

EarFun Free Pro 3は1万円以下のワイヤレスイヤホンとは思えないほど多機能なワイヤレスイヤホンです。

マルチポイント機能によって2つのデバイスをシームレスに切り替えることができるので、いちいちペアリングを切り替える必要がないというのは便利ですね。

ノイズキャンセリングは風切り音のカットにも対応していますし、それなりに使える性能です。

さらに、外音取り込みの性能も優秀なため、実用性の高さを実感できるでしょう。

通話用ワイヤレスイヤホンとして使いたい場合でも、騒音をカットしてくれるENCノイズキャンセリング機能や高品質なマイクがあるので役に立つはず。
実際に通話で使ってみましたが、自室の空気清浄機やエアコンの音が乗ることなく、クリアな音声を確認できました。

そのほか、ケース込みで最大33時間使えるロングバッテリーや、ワイヤレス充電が可能なところも地味にうれしい。

IPX5を搭載しているので、トレーニングで汗をかいても問題なく使える防水性能を備えています。

つまり、Earfun Free Pro 3 はワイヤレスイヤホンに求められている機能のほとんどを搭載しているのです。

Earfun Free pro 3を使った感想

低価格なのに輪郭がハッキリとしたバランス型

全体的にハッキリとしたサウンドで、低価格とは思えないバランスの良さを感じます。高音が刺さる感じもありませんし、解像度は高め。

少し低音が弱いですが、バランス重視のサウンドを求める方に合うと思います。ただ、中音は遠くから聴こえる感じなので、JPOPやアニソンが好きな方は物足りないと感じるかも。

正直、イコライザーをイジってない状態だとボヤついた音に聴こえます。

そこで、アプリからoluv氏のイコライザーを適用してみたら劇的にいい音になった。

それでも中音の主張が弱いので、ボーカルだけ強調させるようイジったら個人的に満足できる音になりました。

イコライザーを変更したらメリハリのあるサウンドになったので、迫力を求める方におすすめです。

イヤーフックのおかげで耳にフィットしやすい

付属品にイヤーフックがあるおかげで、耳にフィットしやすいです。

イヤーフックは幅広いサイズが用意されているので、自分の耳に合わせやすいでしょう。

イヤーピースの種類も多いので、自分の耳に合うサイズを選べると思います。個人的にウレタン製のイヤーチップは耳にフィットしやすく、遮音性が高いのでおすすめです。

ケースのサイズがコンパクトで持ち運びしやすい

バッテリーケースが非常にコンパクトで気に入っています。

ケースの質感も良く、これで1万円以下というのが凄いですね。ポケットにもスッポリ入るサイズですし、小さいポーチにも入るような小ささです。

ミニマムサイズのケースが好きな方なら気に入るでしょう。

外音取り込みがクリアで使いやすい

これまで使ってきた1万円以下のワイヤレスイヤホンの外音取り込みは価格相応といった感じでしたが、EarFun Free Pro 3は想像以上にクリアに聴こえます。

遠くから車が走ってくる音なんかも聞こえますし、人の声も聞き取りやすくて使いやすいですね。

コンビニでも店員の声がしっかり聞こえて、会話しやすかったです。

この価格にしては性能が良い外音取り込みなので、外音取り込みの性能を求める方におすすめできます。

ノイズキャンセリングはあまり強くない?

ノイズキャンセリング性能は平均的というか、音楽を聴く分には支障がない程度です。電車で使ってみたところ、走行音はある程度カットできていますが、周りの人の声がまあまあ聴こえるので遮音性は低かったです。

イヤーピースの種類を変えてみると少しは変わるかもしれません。

普段からBose QuietComfort EarBuds 2という最強ノイズキャンセリングを搭載した製品を使っている身からすると、物足りなさを感じてしまいます。

とはいえ価格を考えたら十分といったところなので、ハイエンド製品ほどのノイズキャンセリングを求めないなら十分です。

マルチポイントはスムーズに切り替えられない

最大2台のデバイスの接続をスムーズに切り替えることができるマルチポイントに対応しています。実際に使ってみたところ、音楽を再生したいデバイスを手動で切り替えないと接続を切り替えてくれないようです。

例えば、2台のスマホをマルチポイント接続した状態だとして、1台目で音楽を聴いているなら、1台目の再生を止めてからじゃないと2台目のデバイスで音楽を再生することができません。

AirPods Proのようなハイエンド製品なら手動でやらずとも自動で切り替えてくれます。

そこまでマルチポイントを使わない方なら気になりませんが、頻繁に使っていきたいと思う方は不満を感じるかもしれません。

専用アプリでカスタマイズ可能

アプリでは以下のカスタマイズが可能です。

  • イコライザー調整
  • マルチポイント設定
  • ゲームモード設定
  • ノイズキャンセリングの設定
  • 外音取り込みの設定
  • タッチ操作の変更
  • アップデート

前提として、アプリを利用するには会員登録が必要になります。本体のアップデートをするためにはアプリが必要なので、面倒だと思いますが会員登録しましょう。

18ヵ月の製本保証と30日間の返金保証あり

EarFun Free Pro 3は公式サイトやAmazonで購入すれば18ヵ月の製品保証が付きます。さらに、EarFun公式サイトの会員になれば追加で6ヵ月の保証を受けられるため、最大24ヵ月の保証が付くというわけです。

仮にEarFun Free Pro 3を使ってみて、自分には合わなかったと感じた場合でも購入後30日以内なら返金対応してくれます。

製品を低価格で提供しているにも関わらず、サポートも充実しているというのはありがたいですね

保証の詳細は下記サイトから確認できます。

どんな人におすすめ?

  • 1万円以下で音質と機能性が良いワイヤレスイヤホンを求めている
  • 耳にフィットしやすいワイヤレスイヤホンを使いたい
  • 外音取り込みの性能を求めている

Earfun Free Pro 3こそが本当にコスパの高いワイヤレスイヤホン

今年はそれなりにコスパの高いワイヤレスイヤホンに出会ってきましたが、EarFun Free Pro 3は本当の意味でコスパが高いワイヤレスイヤホンだと思いました。

1万円以下のワイヤレスイヤホンなら、間違いなく最強のコスパじゃないでしょうか。

音質と機能性が良いので、純粋に使いやすいです。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

気になったガジェットをレビューしたり、デスク周りを快適にするための情報を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-ワイヤレスイヤホン
-, ,