スマホ

ケーブルなしで充電できるモバイルバッテリー!Anker 621 PowerBankをレビュー

2023年10月30日

邪魔くさいケーブルと、地味に荷物がかさばるモバイルバッテリーを使うことを辞めたい方へおすすめなのがAnker 621 Power Bank (Built-In USB-C Connector, 22.5W)です。

モバイルバッテリーを直挿しするだけで充電できるのでケーブルが不要だし、ポケットに入るコンパクトなサイズだから持ち運びも楽です。

それに、USB-Cで充電できるデバイスならほとんど使えるので、USB-Cに対応しているiPhone 15を充電するためのモバイルバッテリーとしても機能します。

僕はこれまでケーブルを使って充電していましたが、Anker 621 Power Bankのおかげで快適に充電できるようになりました。

実際に使ってみた感想を紹介していきますので、気になる方はチェックしてみてください。

メリット

  • ケーブルレスで充電できる
  • スマホを充電しながら使いやすい
  • 本体が小さいから持ち運びしやすい

デメリット

  • 挿しっぱなしだと危なそう
  • バッテリー容量が少ない

Anker 621 Power Bankの特徴

ポイント

  • USB-C端子一体型のケーブルレス仕様
  • USB-C端子部分は折りたたんで収納可能
  • 最大22.5Wの急速充電が可能
  • ポケットに入るコンパクトサイズ
  • パススルー充電対応
  • 電池容量は5000mAh
  • 重さ約102g
  • 18ヵ月の保証あり

Anker 621 Power Bankはスマートに充電することができるモバイルバッテリーです。

例えば、本来ならUSBケーブルを使って充電するところを、USB-C端子をデバイスに刺し込むだけで充電できるので、ケーブルの煩わしさを感じません。

本体が非常にコンパクトなサイズなので、スマホに刺しっぱなしで使っても邪魔になりませんし、ポケットにも入れやすい手軽さです。

しかも、22.5Wの急速充電も可能なので素早くスマホを充電できるというメリットがあります。

スマホだけじゃなく、ワイヤレスイヤホンやタブレットの充電にも使いやすいですし、かなり便利なモバイルバッテリーです。

ちなみに、モバイルバッテリー自体への充電に関しては、充電器に繋いだUSB-Cケーブルを本体側面にあるUSB-Cコネクターに刺すことで充電可能です。

実はこのUSB-Cコネクターは充電の入力だけでなく出力も可能なので、ケーブルを使った充電も一応可能という。

さらに、バッテリー本体を充電しながらデバイスを充電できるパススルー充電にも対応していますが、公式サイトの記載だとPixelシリーズはパススルー充電非対応とのことです。

USBケーブルは付属されているのでありがたいです。

Anker 621 Power Bankレビュー

ケーブルレスで充電できる

USB-C端子が一体型というのは思った以上に使いやすく、スマホ以外のデバイスの充電にも活躍します。

例えばワイヤレスイヤホンやタブレットなど、USB-Cコネクターを搭載したデバイスの充電に使いやすいです。

ケーブルを用意するのが面倒だったり、カバンに入れるとケーブルがごちゃごちゃしたり、そういったストレスから解放されるのが一番のメリットでしょう。

スマホを充電しながら使いやすい

カバンからケーブルを伸ばしてスマホを充電しているという人でも、Anker 621 Power Bankを使えばサクッと充電できます。

なにしろケーブルが不要なので、万が一ケーブルが何かに引っかかってしまう危険もありません。

ただ、重さが約102gなので、重量のあるスマホに使うと明らかに重みを感じてしまうのはネックですね。

とはいえ最大22.5Wで急速充電できるということは短時間で充電が済むため、長時間持ちっぱなしになることはありません。

そもそもMagSafe対応のiPhoneならワイヤレス充電できますが、MagSafeだと最大15Wの充電しか出ないので充電速度は遅いです。

iPhone 15シリーズは20Wで充電できるので、Anker 621 Power Bankならすぐに充電が済みます。

本体が小さいから持ち運びしやすい

Anker 621 Power Bankはポケットに入れても邪魔くさいと感じないほど小さいので、持ち運びにも困りません。

どれくらい小さいかというと、同じくコンパクトサイズなAnker 511 PowerBankよりも更に小さいです。

それに加えてケーブルを持ち運ぶ必要もないというのは素晴らしいですね。

なるべく荷物を持ちたくないにとっても、ケーブルを持ち歩かなくていいのはメリットになるでしょう。

挿しっぱなしだと危なそう

例えば、スマホに刺しっぱなしにしたままカバンに入れたり、激しく動いたりするととUSB-C端子が折れそうな心配はあります。

ただのUSBケーブルが折れるだけならまだしも、Anker 621 Power Bankの場合はUSB-C端子が壊れると本体の修理か買い直しすることになってしまうので、慎重に取り扱いたいところです。

なるべく無駄に充電しないようにしたり、必要十分なバッテリー量まで充電できたら外すようにしたり、意識して使っておくとよいでしょう。

バッテリー容量が少ない

バッテリー容量が5,000mAhというのは、スマホ1台をフル充電したら使いきってしまうくらい容量です。

ノートパソコンや大型のタブレットをフル充電するのは厳しいですし、基本的にスマホやワイヤレスイヤホンなどバッテリー容量が少ないデバイスに使うとよいでしょう。

僕の場合はスマホ充電用として使っているので、それ以外充電をしたい場合はAnker 511 PowerBankで充電するようにして使い分けています。

ケーブルを使わずスマートに充電したい方におすすめ

ケーブルレスでスマートに充電できて、最大22.5Wの急速充電も可能なモバイルバッテリーは非常に魅力的です。

万が一購入後に故障しても18ヵ月の製品保証期間がありますし、Ankerの会員に登録すれば6ヵ月の保証延長ができます。

つまり、2年間の保証が適用されるため、安心して使えますね。

Amazonや楽天市場で購入した場合でも18ヵ月の保証は適用されるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

使っていて楽しいガジェットの紹介や、自分なりの価値観を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-スマホ
-,