スマートフォン/タブレット

Motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gを比較!買うならどっち?

2021年11月28日

薄型で軽量のAndroidのスマホを探しているけど、Motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gという2つのスマホの性能やデザインが似通っていてどちらを選べばいいのか悩む。

こういった悩みを持つ方は、本記事を読むことでどちらを購入すればいいのかの判断がしやすくなる。

両機種は確かに本体サイズも性能も似ているように見えるが、明確な違いがある。

個人的には、おサイフケータイやSDカード対応を求めるならMi 11 Lite 5Gカメラ性能とジェスチャー機能を求めるならMotorala edge 20で選ぶことをオススメする。
どちらを選ぶかは、対応している機能の違い等で決めていくことが重要である。

本記事でMotorola edge 20とMi 11 Lite 5Gのどちらを購入するのか、悩む方の参考になれれば幸いだ。

Motorola(モトローラ)
¥40,830 (2022/09/01 07:37時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

どっちを選べば良いのか?

Motorola edge 20のメリット、デメリット

メリット

・カメラ性能が高い
・144hzのリフレッシュレートを出せる
・ジェスチャー機能が優れている

デメリット

・おサイフケータイ非対応
・SDカード非対応
・シングルスピーカー

Mi 11 Lite 5Gのメリット、デメリット

メリット

・おサイフケータイ対応

・SDカード対応

・デュアルスピーカー

デメリット

・カメラ性能は普通
・90Hzのリフレッシュレートしか出せない

購入の決め手とは?

購入の決めては非常にシンプル。

・おサイフケータイ、SDカードに対応している方が好き
→Mi 11 Lite 5G

・カメラやディスプレイなどスペックが高い方が好き
→Motorola edge 20

上記のような基準でどちらを買うか決められる。

おサイフケータイもSDカードも必要ないのであればMotorola edge 20の方が性能も上なのでこちらを選んだ方が満足できる。

とはいえ、これだけではまだ購入を決めるかどうか分からないと思うので、さらに細かく比較していきたい。

特徴

Motorola edge 20の特徴

・6.7インチ
・約6.99mmの薄さと約163gの軽さ
・1億800万画素と、光学3倍ズーム対応のカメラ
・144Hzリフレッシュレートの有機ELディスプレイ
・豊富なジェスチャー操作
・Snapdragon778G
・5G通信に対応
・ピュアAndroid
・複数ユーザ登録可能
・指紋認証、顔認証対応
・おサイフケータイ非対応
・SDカード非対応
・価格は54800円

Mi 11 Lite 5Gの特徴

・6.5インチ
・約8.81mmの薄さと約159gの軽さ
・6400万画素、超広角、マクロカメラ対応
・90Hzリフレッシュレートと有機ELディスプレイ
・Snapdragon780G
・5G通信に対応
・MIUI 12・セカンドスペース対応
・指紋認証、顔認証対応
・おサイフケータイ対応
・SDカード対応
・価格は43800円

両者に共通していることは以下になる。

・6インチ台であること

・薄型、軽量

・トリプルカメラ

・5G通信

・LINE等で複数のアカウント利用が可能

・指紋認証、顔認証

・デュアルSIM対応

どちらも大体の機能は同じようなものだが、Mi 11 Lite 5GはおサイフケータイとSDカードに対応していて、Motorola edge 20は独自のジェスチャー機能がある。

これらの機能の有無の必要性が購入の決め手になるだろう。

スペック

 Motorola edge 20Mi 11 Lite 5G
CPUSnapdragon778GSnapdragon780G
ストレージ/メモリ128GB/6GB128GB/6GB
ディスプレイ6.7インチ有機EL,FHD,リフレッシュレート144Hz,HDR106.7インチ有機EL,FHD,リフレッシュレート90Hz
サイズ高さ:163mm
幅:76mm
厚さ:6.99mm
高さ:160.53 mm
幅:75.73 mm
厚さ:6.81 mm
重さ163g159g
カラーフロストオニキストリュフブラック、シトラスイエロー、ミントグリーン
カメラアウトカメラ:10800万画素広角カメラ、1600万画素超広角カメラ/マクロカメラ、800万画素3倍光学ズーム
インカメラ:3200万画素
アウトカメラ:6400万画素広角カメラ、800万画素超広角カメラ、500万画素 テレマクロカメラ
インカメラ:2000万画素
ビデオ4K(30fps)、FHD(60/30fps)、スローモーション(120fps)、HD(240fps)
超広角:FHD(30fps)
マクロ:4K UHD(30fps)/FHD(30fps)
望遠:FHD(30fps)
30fpsで4K (3840x2160)
60fpsで1080p (1920x1080)
30fpsで1080p (1920x1080)
30fpsで720p (1280x720)
スローモーションビデオ:120 fps、1080P、720P
オーディオシングルスピーカー
イヤホンジャックなし
デュアルスピーカー
イヤホンジャックなし
 セキュリティ指紋認証/顔認証指紋認証/顔認証
接続5G対応
Bluetooth5.2
WiFi6
2スロット、DSDS(5G+4G)
5G対応
Bluetooth5.0
WiFi5
2スロット、DSDS(5G+4G)
SDカード対応
バッテリー4000mAh/30W急速充電対応4250mAh/33W急速充電対応
防水IP52IP53
価格54800円43800円

antutuスコア

Motorola edge 20のスコアは528872、Mi 11 Lite 5Gのスコアは494139

スコアはMotorola edge 20の方が勝っているが、正直使っていて性能の差はあまり感じられない。

CPUとGPUスコアにあまり差がないので、ゲーム用途ならどちらの機種を選んでも問題はないだろう。

外観

カラー、サイズ、重さの比較をしていく。

カラー

Motorola edge 20はフロストオニキスというカラー、Mi 11 Lite 5Gはミントグリーンというカラーで比較する。

Motorola edge 20は光沢感のある黒色で、正にシンプルさを感じるデザインをしている。

Mi 11 Lite 5Gのミントグリーンは色合いが明るく、Androidスマホの中でもかなり好きな部類に入るカラーである。

サイズ

並べてみると、どちらも同じようなサイズ感をしているように見えるが、Motorola edge 20の方が若干大きく見える。

薄さはわずかにMi 11 Lite 5Gが薄く見えるが、誤差に近いレベル。

正面のカメラ位置はそれぞれ違う。

個人的に左端の方が目立たなくて好き。

ベゼルに関しては、どちらも同じような狭さだと感じる。

重さ

測定してみて、Motorola edge 20の重さは164gで、

Mi 11 Lite 5Gの重さは171gだった。

Mi 11 Lite 5Gにガラスフィルムを張ってあるのでそのせいで重くなってしまった。

とはいえ、どちらも軽いので手に持った時の感覚は同じような気はするので重さの差はあまり無いと言える。

カメラ

日が出ている時の写真、ポートレート、夜景、食べ物などの写真を比較していく。

昼に撮った写真

・広角カメラで撮った写真

超広角カメラで撮った写真

・ズームで撮った写真

まず比較して思ったのはMotorola edge 20はナチュラルカラーで、Mi 11 Lite 5GはAI機能で最適なカラーになるので色鮮やかというところ。

どちらの写真が良いか色の好みにもよる。
Mi 11 Lite 5Gの方がAI機能で良い感じに撮ってくれるので初心者向きだと思う。

ズーム性能に関してはMotorola edge 20の方がスペック的に見ても実際の写真で比較しても優れている。
Mi 11 Lite 5Gは望遠レンズに対応していないため、遠くの景色まで撮影することはできない。

10800万画素と6400万画素を比較

拡大した時のディテールの差を見るとMotorola edge 20の方が細かく撮れている。

ポートレート

どちらも輪郭をはっきり捉えているので、両者の差はあまり感じづらかった。

夜景

夜景に関しては個人的にMi 11 Lite 5Gの方が好み。

Motorola edge 20だとノイズが目立つことが多いので、Mi 11 Lite 5Gの方が比較的撮りやすい。

マクロ

綺麗に撮るならMotorola edge 20、より細かく撮るならMi 11 Lite 5Gの方が良いという印象。

Motorola edge 20では上手く撮れない距離も、Mi 11 Lite 5Gであれば細部まで撮れていたのでマクロ性能はMi 11 Lite 5Gの方が上だ。

食べ物

卵の黄色やネギの緑色を見ると違いが分かりやすい。
食べ物に関してはMotorolaの方が加工感の無い色という印象がある。

リフレッシュレート

Motorola edge 20の方は144Hzで、Mi 11 Lite 5Gの方は90Hzに対応している。

リフレッシュレートが高いということは、ウェブサイト等でページをスクロールした時のヌルヌル感がより高くなる。

試しにTwitterを使って両機種のスクロールを比べてみた。



スローで見ると分かりやすいが、Motorola edge 20の方がヌルヌルしているように見える。

Mi 11 Lite 5Gでも問題はないが、ヌルヌル具合では負けている印象がある。

どちらにしろヌルヌル感は感じられるが、よりヌルヌルしたいならMotorola edge 20がオススメ。

バッテリー持ち

バッテリー100%の状態からYoutubeを2時間垂れ流ししてみた。

リフレッシュレートはどちらも最大の状態で固定している。

どちらも減り方は同じで、Mi 11 Lite 5Gの方が若干減りが早い。

省電力性能がMotorola edge 20の方が高いということか。

ここら辺の差は入れているアプリにもよって変わってくるかもしれないが、今まで両機種を使ってきた感覚では、どちらもバッテリーが減るスピードは同じくらいの早さだと感じたので、バッテリー性能の差は大してないと思う。

Motorora edge 20はジェスチャー機能が豊富

Motorora edge 20は豊富なジェスチャー機能が備わっており、利便性に長けている。

Mi 11 Lite 5Gでも3本指でスクリーンショットを撮れる機能だったり、カメラのクイック起動があるが、ジェスチャーの数でMotorora edge 20が勝っている。

こうしたジェスチャー機能も求める方であれば、Motorora edge 20の方が恩恵を受けやすい。

まとめ

Motorola edge 20がオススメな人

  • カメラ性能が高い方が良い
  • ジェスチャー機能を使いたい
  • リフレッシュレートが高い方が好き

Mi 11 Lite 5Gがオススメな人

  • おサイフケータイを使いたい
  • SDカードを使いたい
  • 価格が安い方を使いたい

Motorora edge 20は54800円で、Mi 11 Lite 5Gは43800円なのでMi 11 Lite 5Gの方が安いのだが、どちらも価格の割に性能が高めなのでコスパが良いスマホとなっている。

個人的にはどちらの機種も今年買ったスマホの中でお気に入りのスマホになるので、どっちを選んでも後悔はあまり無いと思うが、求める機能がある方を選ぶのが一番良い。

もし購入するのであればOCNモバイルONEがオススメだ。
現在セールを行なっており、Mi 11 Lite 5Gなら17,100円Motorola edge 20なら33192円になるが、MNPなら20192円で買える。

SIMとセットの契約で安く買えるので、月々のプランがかかってしまうが、一番安くて月550円のプランもあるので端末目当てで購入するのも有り。


→OCNモバイルONEからの購入はこちら

品切れの時は時間を置いて見れば在庫が復活していることもあるので、ぜひOCNモバイルONEで安く購入しよう。

合わせて読みたい
Motorola edge 20レビュー!薄型&軽量スマホを求める方にオススメ

続きを見る

合わせて読みたい
【Xiaomi Mi 11 Lite 5Gレビュー】安くて性能が良いコスパスマホ

続きを見る

-スマートフォン/タブレット
-, ,