当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

スマホ

コスパが高いGalaxyスマホを使いたいならS22がおすすめな5つの理由

2023年12月23日

Galaxyのハイエンドスマホは軒並み価格が高いため、使ってみたくても気軽に購入できる価格ではないでしょう。

ですが、UQモバイルならGalaxy S22を一括36,400円で購入できます。Galaxy S22は2022年に発売され、当時は本体代が12万円くらいのハイエンドスマホでした。

高い性能でありながら3万円台で購入できてしまうので、特にこだわりがないならミドルスマホを選ぶより有力な選択肢となります。

ただ、バッテリー持ちが微妙だし、本体が発熱しやすいところはデメリットですね。

それでも、片手持ちしやすいサイズ感が最高ですし、上記の値段で型落ちとはいえGalaxyのハイエンドスマホを購入できるのは素晴らしい。そんなわけで、これからGalaxyスマホを購入するならGalaxy S22がおすすめな理由を紹介していきます。

Galaxy S22をおすすめできる理由5選

UQモバイルでMNPなら一括36,400円

加入プランコミコミプラン/トクトクプラン
(増量オプションⅡ加入あり)
コミコミプラン/トクトクプラン
(増量オプションⅡ加入なし)

ミニミニプラン
(増量オプションⅡ加入なし/加入あり)
一括36,400円41,900円
分割24回払い初回:1,532円
2回目以降:1,516円
初回:1,765円
2回目以降:1,745円
分割36回払い初回:1,015円
2回目以降:1,011円
初回:1,195円
2回目以降:1,163円
分割48回払い初回:774円
2回目以降:758円
初回:916円
2回目以降:872円
※他社から乗り換えした場合の価格

UQモバイルへ他社から乗り換えることでGalaxy S22を一括36,400円で購入できます。
もちろん、分割で購入することも可能。

ちなみに、増量オプションとは各プランで使えるデータ量を増量できるオプションです。
契約してから7ヵ月は無料で利用できます。

具体的な料金はUQモバイル公式サイトの料金シュミレーションで確認できるので、気になる方は利用してみてください。

元々の価格が約12万円ということを考えると、かなりお得ですね。

それに、Galaxy S22は2022年時点のハイエンドスマホなので、2023年でも十分すぎる性能です。実際に使ってみて、動作がサクサクしていてカメラ性能も良いので使いやすいです。

しかし、バッテリー持ちが悪すぎるというデメリットはあります。僕は普段からスマホゲームをしないのですが、ブラウザを見ているだけでも減りが早いように感じます。

1時間で10%ほど減ってしまいます

1日中使いたいなら間違いなくモバイルバッテリーが必須になりますね。もしくは、スマホ2台持ちであれば問題ないでしょう。

Galaxy A54 5Gよりもコスパが高い

Galaxy A54 5Gは2023年に発売されたミドルスペックのスマホで、定価で7万円前後になります。最新のGalaxyスマホの中では価格が安いですが、それでもGalaxy S22の方が優秀です。

機種名Galaxy S22Galaxy A54 5G
プロセッサSnapdragon 8 Gen 1Exynos 1380
メモリ8GB6GB
ストレージ256GB128GB
外部ストレージ非対応MicroSDカード対応(1TB)
ディスプレイ6.1インチ有機ELディスプレイ
解像度2340x1080
1300nit
リフレッシュレート120Hz
HDR10+
6.4インチ有機ELディスプレイ
解像度2340x1080
1000nit
リフレッシュレート120Hz
HDR10+
サイズ幅:71mm
厚み:7.6mm
高さ:146mm
幅:77mm
厚み:8.2mm
高さ:158mm
重さ168g201g
防水/防塵IPX8/IP6XIPX8/IP6X
認証画面内指紋認証、顔認証画面内指紋認証、顔認証
アウトカメラ1,200万画素(超広角)
5,000万画素(広角)
1,000万画素(望遠)
1,200万画素(超広角)
5,000万画素(広角)
500万画素(マクロ)
インカメラ約1,000万画素3200万画素
ネットワークWi-Fi6
5G/4G LTE
Wi-Fi6
5G/4G LTE
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIM
バッテリー3,700mAh
25W急速充電
5,000mAh
25W急速充電
スピーカーステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
ステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
インターフェースUSB-CUSB-C
Bluetoothバージョン5.35.3
おサイフケータイ
OSAndroid 12Android 13
カラーファントム ブラック
ファントム ホワイト
ピンク ゴールド
オーサムグラファイト
オーサムバイオレット
価格36,400円
UQモバイルで他社から乗り換えて一括購入した場合)
52,730円
UQモバイルで他社から乗り換えて一括購入した場合)

Galaxy S22が劣っているところはバッテリー容量くらいなので、基本的な性能はGalaxy S22の方が勝っています。

それに、UQモバイルの端末価格だとGalaxy A54 5GよりGalaxy S22の方が安いんですよね。

ただ、Galaxy A54 5Gは大画面で大容量バッテリーなので、普段からスマホでゲームをしたり動画を見たりする方には向いています。

最高のサイズ感

Galaxy S22のサイズ感は手に馴染みやすくて使いやすいです。

大きすぎず、小さすぎることもないサイズなので画面も見やすいですね。余裕で片手持ちができるので快適です。

iPhoneで例えるなら、iPhone 14や13などの通常モデルとほとんど同じサイズ感ですね。

6.8インチになってくると流石に片手持ちが難しくなってくるので、6.1インチであるGalaxy S22のサイズが持ちやすいです。

6.8インチのスマホ

カメラ性能が良い

AI補正のせいで色味が濃くなりがちですが、パッと見た時の映りは良いですね。

広角

超広角

望遠レンズで撮った写真は加工している感じがします。

30倍ズーム

プロモードを使えば一眼カメラのようにマニュアル撮影ができます。

ブログで使う写真をGalaxy S22で撮っているほどなので、カメラ性能は良いですね。

アップデート期間が長いので安心して使える

Galaxyのスマホは4世代までOSアップデートに対応しているので、Android 12であるGalaxy S22ならAndroid 16まで対応してくれます。加えて5年間のセキュリティアップデートにも対応するので、2022年に発売したGalaxy S22なら2027年まで使えることになりますね。

つまり、今からGalaxy S22を購入しても十分に長く使えることが確約されているので、安心して使えますね。

バッテリー持ちに関して

ここまでGalaxy S22をおすすめしてきましたが、やはり気になるのはバッテリー持ちが微妙なところなんですよね。スマホを2台持ち運用したり、モバイルバッテリーを常備したりして対策しています。

モバイルバッテリーを持つならAnkerのケーブルレスモバイルバッテリーがおすすめ。もしくは、本体設定で少しはバッテリー持ちを良くすることもできます。

バッテリー節約方法

  • リフレッシュレートを標準(60Hz)に変える
  • ネットワークモードを4G/3G(自動接続)に変える
  • BluetoothやGPSをOFFにする

参考:スマホのバッテリーを長持ちさせるコツ

あと、Galaxy S22の初回起動後はバッテリーが最適化されていないので、信じられないくらいバッテリーの減りが速いです。とはいえ、2~3日くらいしたら安定化するので、最初だけ我慢する必要はあります。

Galaxy S22がおすすめな人

  • カメラ性能が良いスマホを使いたい
  • あまりスマホゲームをしない
  • コンパクトなサイズのスマホが欲しい
  • 価格が安いスマホを使いたいけど、性能は妥協したくない

まとめ

ポイント

  • UQモバイルでMNPなら一括36,400円
  • Galaxy A54 5Gよりもコスパが高い
  • 最高のサイズ感
  • カメラ性能が良い
  • アップデート期間が長いので安心して使える

Galaxy S22で初めてSシリーズのGalaxyスマホを使うことになりましたが、想像以上に満足度が高かったです。なによりもサイズ感が素晴らしいので、今後もこのサイズ感のスマホを選びたくなります。

多少のデメリットはあるにしても、満足できる性能なので買ってよかったです。

Galaxyのスマホはアップデート期間が長いし性能も良いので、気になっている方はUQモバイルでGalaxy S22を購入してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

気になったガジェットをレビューしたり、デスク周りを快適にするための情報を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-スマホ
-,