当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ワイヤレスイヤホン

【SOUNDPEATS GoFree 2レビュー】在宅ワークで使いやすいオープンイヤー型イヤホン

2023年12月19日

GoFree 2のサムネ

なるべくリーズナブルで高音質なオープンイヤー型イヤホンを探している方におすすめなのが、SOUNDPEATS GoFree 2です。

オープンイヤー型は耳をふさがないデザインで、開放感ある音楽鑑賞が可能となり、耳への負担が少ないのが特徴です。

GoFree 2は7,880円で、マルチポイント接続やLDACにも対応しており、音質だけでなく機能性も優れています。

実際に使用してみると、ながら聴きや在宅ワーク中の通話に便利で、使い勝手に満足しています。

一般的なカナル型イヤホンが合わない方にもおすすめです。

SOUNDPEATS GoFree 2を使用したレビューを紹介していきます。

GoFree 2の特徴

ポイント

  • 耳を塞がないオープンイヤー型のワイヤレスイヤホン
  • 耳に引っ掛けるだけなのにフィット感がしっかりしている
  • 耳を塞がないから周囲の音が自然に聴こえる
  • 16.2mmダイナミックドライバー
  • ラムダ型音響空間2.0と低音補強アルゴリズムによる迫力のある低音
  • ハイレゾ認証取得済み、LDAC対応
  • ENC通話ノイズリダクション
  • 低遅延ゲームモード
  • 最大35時間使えるロングバッテリ―
  • 防水(IPX5)に対応
  • マルチポイント対応
  • 専用アプリに対応

SOUNDPEATS GoFree 2は、耳に引っ掛けるだけで装着でき、フィット感が良くて運動中でも外れにくい安心感があります。

耳をふさがない設計なので、周りの音が自然に聞こえ、ランニング時でも安全に利用できます。

オープンイヤー型は低音が弱くなりがちですが、GoFree 2は大口径16.2mmドライバーと低音補強アルゴリズムにより、厚みのある低音を楽しむことができます。

さらに、SOUNDPEATS独自の音響技術「ラムダ型音響空間2.0」を採用しており、広い空間で音楽を聴いているかのような感覚が味わえます。

充電ケースと併用すれば最大35時間も使用可能で、テレワークでの長時間通話も安心です。

専用アプリでのイコライザー調整も可能で、カスタマイズ性も魅力の一つです。

SOUNDPEATS GoFree 2を使えば、快適で高音質なオープンイヤー型イヤホン体験ができます。

アプリについて

GoFree 2を使った感想

ながら聴き用イヤホンとして申し分ない音質

開放型にしては低音が強めで、高音の抜け感も良いですね。
最初聴いた時は中音がザラザラしていていると感じましたが、イコライザーでポップに変更したら大分聴きやすくなりました。

あと、LDACで再生すれば解像度が多少上がりますが、AACでも音質は良いです。

そもそも、ながら聴き用に使うつもりなので音質に期待していませんでしたが、思ったより音質が良かったので驚きました。
しかし、Oladanceのような1万円以上の機種と比べると音の解像度は劣っているので、音質を重視するならOladanceという印象です。

それでもGoFree 2の音質は価格の割に良いと言えるので、コスパが高いですね。

装着感が良すぎて着けていることを忘れる

本体が9gという軽さなので、耳への重みをほとんど感じません。

耳に引っ掛ける形になるので、フィット感も良いですし、運動していても外れにくいです。

無音状態でもノイズが聴こえることもないので、着けているのか着けていないのか分からなくなる。

長時間着けていても疲れづらいので、動画視聴や通話との相性が良いです。

カナル型イヤホンだと耳が疲れるという方でも、GoFree 2なら快適に使えるでしょう。

在宅ワークで使いやすい

SOUNDPEATS GoFree 2はマルチポイントに対応し、仕事にも適しています。

マイクの音質も良好で、小さな声でも普通の会話は問題ありません。

というのも、ENCノイズリダクション機能があるため、周囲の騒音がマイクに入りにくくなっています。

音楽をスマホで聴きながら社用PCで通話するとき、簡単に接続を切り替えられるのが便利です。

ただし、マルチポイントは自動的に音声を切り替えないため、片方の音声を停止してからもう片方で再生する必要があります。

AirPods Proのように自動切り替えがない点は欠点ですが、頻繁にデバイスを切り替えない場合には問題ありません。

SOUNDPEATS GoFree 2は、仕事中に使うにも適したオープンイヤー型イヤホンです。

屋外で使う時は注意が必要

SOUNDPEATS GoFree 2は開放型のイヤホンで、周囲の音を拾いやすい特徴があります。

ただし、騒がしい場所ではイヤホンからの音が聴こえづらく、外部への音漏れが気になります。

電車での使用時は音量調整に注意が必要で、大きい音量だと周りの人にも聞こえてしまいます。

在宅ワークやジムでの使用では、インターホンの音や呼びかけに反応しやすいのが利点です。

オープンイヤー型は基本的に自宅や静かな場所での使用が適していますが、騒音の多い屋外では注意が必要です。

SOUNDPEATS GoFree 2の使いどころによっては、その特長がメリットになります。

どんな人に向いている?

  • ながら聴き用のワイヤレスイヤホンが欲しい
  • 耳が疲れづらい装着感を求めている
  • 在宅ワークで通話用に使いやすい製品が欲しい
  • 音質よりも装着感や機能性を求めている

GoFree 2はコスパの高いオープンイヤー型イヤホンです

1万円以下でマルチポイントとLDAC対応で、音質がそこそこ良いので満足度が高いです。

仕事用に使ったり、トレーニングしたりする時にピッタリのワイヤレスイヤホンです。

Amazonならクーポンで安く購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。

  • この記事を書いた人
プロフィール画像

ヤマ

気になったガジェットをレビューしたり、デスク周りを快適にするための情報を発信。月間7万PVほどのガジェットブログ「ガジェフロ」を運営しつつ、Webライターとしても働いています。
▷運営者情報はこちら
▷Xのアカウントはこちら

-ワイヤレスイヤホン
-, ,