オーディオ

【レビュー】WH-1000XM4ミッドナイトブルーを使用してみた感想

2021年12月28日

前々から欲しいと思っていた、SONYの人気ノイズキャンセリングヘッドホンのWH-1000XM4にミッドナイトブルーという限定色が販売されたので即購入した。

僕のオーディオ環境にはワイヤレスヘッドホンとか有線ヘッドホンが全く揃っておらず、普段はイヤホンで音楽を聴いている。

イヤホンでも音は良いんですけど、耳が疲れやすいんですよね

筆者

そんなイヤホン派の人間がWH-1000XM4を使ってみたところ、音楽鑑賞だけでなく、作業用に使うヘッドホンとして満足できる出来だと感じられた。

なによりノイズキャンセリングによって騒音が全く聴こえなくなり、以前よりも集中しながら作業できるようになったし、イヤホンで聴くよりも音の広がりと重低音を感じられて、音楽を聴くのが楽しくなった。

そんなWH-1000XM4を使用したレビューを紹介していく。

本記事の内容

  • WH-1000XM4の特徴、外観
  • WF-1000XM4との違い
  • メリットとデメリット

WH-1000XM4の公式ページはこちら

WH-1000XM4の特徴

  • 静寂さを感じられるノイズキャンセリング
  • DSEE Extremeにより圧縮音源もハイレゾ相当にスケールアップ
  • スピークトゥチャット機能、ハンズフリー通話などの機能が搭載
  • 本体の重量も軽く、快適な装着感を体験できる
  • 最大30時間も音楽を流せられるロングバッテリー

WH-1000XM4の魅力は音質だけに留まらず、ノイズキャンセリングによる高い遮音性や、ヘッドホンを着けながら会話できるハンズフリー機能、ヘッドホンを付けてても周りの音が聴こえる外音取り込みスピークトゥチャット機能によりこちらの音声を検知してヘッドホンが自動的に外音取り込みモードになったりと、とにかく普通のヘッドホンよりも機能が盛り込まれている。

ヘッドホンを外した時に自動的に音楽を止め、電源も切れる機能もあるので、こちらから操作する手間が省ける。

ポイント

WH-1000XM4は音質が良いだけでなく、機能性も長けているヘッドホン

ミッドナイトブルーの外観

今回は限定色のミッドナイトブルーを購入したので、外観がどんな感じか紹介していく。

色の特徴としては、暗めの青色といった感じ。
高級感があり、落ち着きのある色味を感じられる。

デザインもシンプルなのでデスク上に飾ってたくなる。

別売りのスタンドと組み合わせると見た目が非常に良くなるのでオススメ。

メリット、良かったところ

音楽は勿論、映画を見る時にも活躍できる

音質は流石のソニーなので、やはり安定して聴きやすく丁寧なサウンドだ。

癖があまりなく、フラットな感覚なので聴いてて疲れにくい。

そして、WH-1000XM4を着けて映画を見た時の音の迫力が凄かった。
普段ヘッドホンで映画を見ないので尚更だが、スピーカーじゃ聴き取りづらい音まで聴こえてきて臨場感がハンパない。

音楽用だけでなく、映画用に使えるので是非映画鑑賞も試してみてほしい。

本体が軽くて着けやすいので疲れにくい

ヘッドホン自体の重量は254gという軽さで、ヘッド部分も着け心地が良いので長時間着けてても疲れにくい。

だいたいヘッドホンって頭の大きさに合わなかったり圧迫感が強い物が多いが、WH-1000XM4はそういった窮屈さは感じられないし、まるでヘッドホンに包み込まれるかのような感覚までしてくるので非常に使いやすい。

ワイヤレスで使えるのが快適すぎる

なんと言ってもワイヤレスで使えるので非常に楽だし使いやすい。
有線でも音楽は聴けるが、ケーブルが邪魔くさいと感じることがほとんど。

WH-1000XM4なら無線なので家中でも外でも快適に使える。
しかも無線だからと言って音質が悪いわけでもなく、無線でもちゃんと良い音で聴けるのがWH-1000XM4のメリットと言える。

ノイキャンが優れているため集中しやすい

ノイズキャンセリングを使った瞬間、周りの音がほとんど聞こえなくなる。
WF-1000XM4のノイズキャンセリングよりも騒音を消してくれるような感覚はある。

地味に驚いたのが、ノイズキャンセリングを使っていても音質が損なわれないどころか、むしろ良くなっているように聴こえる。

ノイズキャンセリング特有のノイズ音も音楽を聴いてるときにはそこまで聴こえないのでかなり遮音性は高いと思う。

バッテリー持ちは良い

あまりバッテリー持ちも気にせず使えるくらいにはバッテリー持ちは良いと感じられる。

公式の記載によるとノイズキャンセリングONの状態で30時間は音楽を流せるようなので、バッテリーの心配をすることはあんまりなさそう。

デメリット、気になったところ

音は迫力が足りないと感じるかも

音楽を聴くときは、全体的にクリアな音で癖が少ない印象だが、それゆえに迫力が足りないように感じてしまう。
イコライザ無しで音楽を聴くとパンチが足りない音という印象になる。

だが、イコライザーを使えば好みの音に変えられるので、ある程度イコライザーで調節してから使う方がいい。

WH-1000XM4は音質以上にノイズキャンセリングやハンズフリー機能などの機能面で便利さを感じられたので、これらの機能が必要ない人ほど買ってみると後悔してしまうかも。

とは言え、音質は人の好みによるので、まずは店頭で実機を試してみることをオススメする。

ホワイトノイズが聴こえやすい

ノイズキャンセリングをONにして何も音楽をかけずに着けているとノイズっぽい音が聴こえる。

「サー…」って感じの音が聞こえてくるので少し気になってしまう。

ノイズキャンセリングだけ使おうにも、このノイズ音が地味に気になってしまい、かえって集中力が削がれる。

慣れれば問題ないのかもしれないが、WH-1000XM4のノイズキャンセリング機能だけを目当てに買う方は店舗で実機を試用した方がいいかもしれない。

WF-1000XM4と比べてみた感想

メインで使っているWF-1000XM4と比較してみる。

イヤホンとヘッドホンなので、違いがありすぎるのだが音質に関してはWF-1000XM4もWH-1000XM4も甲乙つけづらかった。

WH-1000XM4はノイズキャンセリングの性能や、イヤホンにはない立体感のある音が魅力だが、WF-1000XM4は携帯性の高さや同じくらいノイキャン性能が高いということもあるので結局どちらも使いたくなる。

使い分けるとしたら、外で使う時は基本的にWF-1000XM4で、自宅での作業中や映画鑑賞、飛行機など有線でしか使えない環境の時はWF-1000XM4という感じになる。

まとめ

WH-1000XM4をはこんな人にオススメ

  • ヘッドホンに機能性を求める
  • ワイヤレスヘッドホンを使ってみたい
  • ノイズキャンセリングで集中したい
  • 映画用のヘッドホンが欲しい

音質に関してのデメリットは確かに感じられたが、僕の用途だと作業時に音楽を聴くヘッドホンとして重宝しているし、映画視聴で使うなら本当に迫力が凄いので全然活躍できている。

ただ言えるのは音質だけを求めるなら他のヘッドホンの方が良いのかもしれないので、同じ価格帯の有線ヘッドホンを買ってみて比較したいとは思った。

在宅ワークする人やデスクで作業することが多い人はノイキャンとハンズフリー通話を活用できると捗ると思うので、是非使ってみて欲しい。

→WH-1000XM4の購入はこちら

-オーディオ
-, , ,