アクセサリー

iPhone 13 Proを守る!Catalystの衝撃吸収ケースを紹介【レビュー】

2021年12月10日

せっかく買ったiPhone 13 Pro、傷を付けたくないし壊したくないと思う。

そんな方に、iPhone 13 Proを徹底的に守れるケースを紹介したい。

本記事で紹介するケースは下記の2つ。

  • 「Catalyst iPhone 13 Pro MagSafe対応 衝撃吸収ケース Vibe シリーズ」
  • 「Catalyst iPhone 13 Pro 衝撃吸収ケース Influenceシリーズ」

Catalystというブランドのケースで、一言で言うと凄く頑丈なケースだ。

vibeシリーズinfluenceシリーズの2種類になっていて、基本的な機能は変わらないが若干の違いはある。

Catalystのケースはとにかく頑丈という特徴があるが、それだけでなく、便利な機能も備わっているので、それらを紹介していく。

Catalystのケースが気になっている人、iPhone13を頑丈に守れるケースをお探しの方の参考になれれば幸いだ。

本記事はトリニティ株式会社様から製品をいただいき、レビュー記事を作成しております。

特徴

MagSafe、ワイヤレス充電に対応

Vibeシリーズ

influenceシリーズ

本製品はMagSafeとワイヤレス充電にも対応している。

influenceシリーズ
vibeシリーズ

このようにケースを付けながらワイヤレス充電が可能だ。
Vibeシリーズ、influenceシリーズ両方ともMagSafe充電とワイヤレス充電に対応している。

vibeシリーズはケースにマグネットを内蔵しているので、MagSafe充電だけでなくMagSafe対応ウォレット等のアクセサリーも付けれることができる。

ただし、influenceシリーズだけケースにマグネットが内蔵されていないため、VibeシリーズのようにMagSafe対応ウォレット等は付けれない。

もしMagSafe対応アクセサリーを使いたい場合はVibeシリーズを選択する選ぶ方がいい。

スピーカーの音量アップ

本製品を付けるとスピーカーから出る音の方向が上向きになるので、通常より音量がアップして聞こえるようになる。

本来スピーカーの位置は本体の下部なので、音の広がりが薄く感じるが、Catalystのケースはスピーカーから出る音の方向を上向きにしているので、どの方向から音を聴いても大きいボリュームで聴こえてくるような仕組みになっている。

僕の場合、大音量で音楽を流すことが無いのであまり違いは分からなかったが、外で大音量の音楽を流したりする人は恩恵を受けやすいと思う。

静音モードの切り替えが楽になる

Catalystのケースだけの特許取得済みの機能なのだが、iPhoneの静音モードのボタン部分にダイヤルがあり、これを回すだけでマナーモードのオンとオフが可能になる。

動画で見ると分かる通り、簡単にONとOFFの切り替えができている。

これが地味に便利なのでマナーモードのON/OFFを頻繁に行うことがある人にとっては役に立つこと間違いない。

エアクッション機構による衝撃吸収が可能

側面がガチガチに守らているので、しっかりとした耐久性を備えている。

3mの高さから落としても大丈夫らしい。
スマホの端っこの部分は傷つきやすい傾向があるので、守るべきところを守ってくれるケースだ。

実際に高い所から落として大丈夫なのか試すことはないが、そこまでの耐久性があるなら使っていて安心感は感じられる。

重さ

vibeシリーズ
influenceシリーズ

両ケースの重さの差は6g程度で、実際に持ってみてもあまり違いは感じられない。

そもそも、思ったより重たくなくてビックリしている。

耐久性の高いケースは重たいイメージがあったので、Catalystのケースなら重たすぎて使いにくいという感覚はあまりないだろう。

メリットとデメリット

デメリットは横幅が広くなるので手が小さい人は持つのが大変というところか。

僕は手が大きい方だが、それでもケースを付ける前より画面の端まで指を持っていくのが難しくなってしまった。

あとケースの付け外しは個人的にはやりづらく感じた。
ケースに装着させるために、強めにスマホを押し込まないとケースにスマホが入らなかったので傷がつかないか心配になる。

これらもケースの頑丈さ故の欠点なので、受け入れるしかなさそう。

その代わり下記のメリットがある。

メリット

  • マナーモードをダイヤルで簡単に切り替えられる
  • スピーカーのボリュームを増やせる
  • MagSafe充電、ワイヤレス充電可能

頑丈なだけでなく複数のメリットもあるので、ケースとしての性能の高さは感じる。

外観

パッケージは画像の通り。
vibeシリーズとinfluenceシリーズでパッケージの違いは全くない模様。

vibeシリーズ
influenceシリーズ

vibeシリーズの外観は、背面がカーボン調の素材になっているので、高級感があってこっちの方が好み。

カラー展開に関してはvibeシリーズは2種類influenceシリーズは4種類となっている。

こちらがvibeシリーズのカラー。

ステルスブラック
バトルシップグレー

influenceシリーズのカラーはこちら。

グローインザダーク
ステルスブラック
パシフィックブルー
クリア

シエラブルーに合わせて一番良かったのはinfluenceシリーズのステルスブラックだった。

ステルスブラックが一番カッコよく見えるのでオススメ。

vibeシリーズ
influenceシリーズ

横幅が増えてしまうが、厚みはそこまでないので横から見ても分厚さはあまり感じない。

フレーム部分の素材が硬いので、これなら落としても大丈夫そうな感じがする。

背面のレンズ部分に関して、ベゼルがカメラレンズより上なので、ケースを付けた状態なら平らな場所に置いてもレンズに当たらない。

ケースなしで置くとレンズが結構当たってしまうのでレンズも守れるのは良いところだと思う。

背面が当たったしてもレンズごと守れるし、側面も衝撃に耐えられる作りになっているので、しっかり頑丈なケースということが分かる。

2つのケースの違い

influenceシリーズ

influenceシリーズの特徴

  • カラーはステルスブラック、クリア、パシフィックブルー、グローインザダークの4種類
  • 背面はさらさらで指紋がつきづらい+リンゴマークがうっすら見える半透明なデザイン
  • 重さはこっちの方がvibeシリーズより若干軽い
  • MagSafe充電には対応しているが、マグネットが付いていないので使えないMagSafe製品がある
  • 価格は5940円なのでこっちの方が安い

vibeシリーズ

Vibeシリーズの特徴

  • カラーはステルスブラック、バトルシップグレーの2種類
  • カーボン調の背面なので高級感がある
  • 重さはこっちが重いが、10g程度の差なのでそこまで違いは感じない
  • MagSafe対応で、こっちはマグネットが入っているのでほとんどのMagSafe対応アクセサリーが使える
  • 価格は7401円なのでこっちの方が高い

どっちがいい?

個人的にはvibeシリーズのカーボン調が好きなのでvibeをオススメしたい。

あとは、MagSafe対応アクセサリーを使えるかどうか、好きなカラーがあるかどうかで決めるといい。

基本的な機能に違いはないのでどっちのケースでもiPhoneをちゃんと守れる。

まとめ

Catalystのケースはこんな人にオススメ

  • iPhone13を頑丈に守れるケースが欲しい
  • 外で大音量の音楽を流したい
  • MagSafe対応、ワイヤレス充電対応のケースが欲しい

僕はiPhoneをケース無しで使う派なので正直このケースを装着すると重たくなるので嫌だが、使ってみるとやはりケースの安心感が凄い。

やっぱりケースって大事なのかも…
改めてそう思わせられるケースだった。

ケースの頑丈さだけでなく、静音モードの切り替えが楽になったり、スピーカーの最大音量を上げれるので機能面でも優れていると言える。

Catalystのケースが気になった方はぜひチェックしてほしい。

現在、公式サイト在庫が少ないため欲しい方は早めに購入することをオススメする。

ただ頑丈なだけでなく、機能性も備わったCatalystのケースの購入はこちら

Catalyst iPhone 13 Pro MagSafe対応 衝撃吸収ケース Vibe シリーズ

Catalyst iPhone 13 Pro 衝撃吸収ケース Influenceシリーズ

-アクセサリー
-, , ,