アクセサリー ガジェット

Apple Watchを半年使用してみて感じたメリット・デメリットを紹介

2022年8月19日

Apple Watchって便利そうだけど、買う価値はあるのか?

iPhoneユーザーだとこのような悩みを持つ方も多いと思います。

そんな方に向けて、Apple Watchを実際に購入して半年ほど使用した感想を元に、Apple Watchのメリットやデメリットをまとめて紹介します。

この記事を読んで分かること

  • Apple Watchのメリット・デメリット
  • どんな人にApple Watchがオススメか
  • 買うならどのモデルがオススメか

僕はApple Watch 7のGPSモデルを購入しましたが、使っていて便利だと思う場面もあれば、これは良くないと思う部分もあったのでそれを紹介していきたいと思います。

Apple Watchを使って感じたメリット

・通知の確認が楽になった

iPhoneに通知が来た時に、同時にApple Watchにも通知が届くので手元ですぐに通知内容を確認できるのが便利です。

ランニングしている時など、iPhoneを出しづらい状況でも手元ですぐに確認できるのは助かります。

アプリの通知だけじゃなく、電話がかかってきた時でもApple Watchで通話対応することもできるのでApple WatchがあればiPhoneの使用率が減るのでバッテリー節約にもなるというメリットがあります。

・バンドの種類が豊富

Apple Watchにはサードパーティ製のバンドも数多くあるので、純正以外にも使えるバリエーションが豊富で付け替えが楽しいです。

僕はPITAKA製のバンドが気に入っていて、メタリックな感じが好きです。

それ以外にも、スポーツ用に適したバンドや、ビジネス用のバンドもあります。

場面に応じてバンドを付け替えられるので、どんなシチュエーションでも使いやすいのが魅力的なところです。

・iPhoneやMacのロック解除が楽になる

顔認証で認証するタイプのiPhoneだと、マスクをしているとロック解除がスムーズにできないデメリットがありますが、Apple Watchがあれば即座にロック解除できるので地味に便利です。

最新のOSならマスク状態でもロック解除できるようになりましたが、たまに解除がスムーズにいかない時もあるのでApple Watchでの解除の方が安定します。

MacでもApple Watchによるロック解除が可能なので、クラムシェルモードで運用している人はキーボードでパスコードを入力しなくてもApple Watchを着けていれば一発でロック解除できます。

iPhone SEなら指紋認証できるので対して恩恵はないですが、顔認証のiPhoneを使っている方には便利な機能だと思います。

・電子決済ができる

Apple WatchならSuicaやQUICPayなど電子決済が単体でも使用できます。

1度iPhoneで設定してしまえば以降はApple WatchをかざせばiPhoneの代わりに電子決済が使えるので非常に楽です。

例えばコンビニで買い物する時など、iPhoneを出さずとも支払いが可能になるので支払いがスムーズにできます。

さらに、Apple Watchで支払う場合はパスコードの入力などが不要なところもApple Watchで決済する場合のメリットになります。

Apple Watchを使って感じたデメリット

・最新モデルの価格が高い

Apple Watchの最新モデルは基本的に値段が高めで、気軽に購入しづらいと思います。

僕がApple Watch 7を購入した時は値上げ前なのでGPSモデルを4万円台で購入できましたが、現在の価格だと5万円ほどに値上げされているので普通に高いです。

値段がネックに感じる場合、スペックが少し下がりますがApple Watch SEを購入した方が安上がりなのでこちらを選ぶほうが無難です。

・バッテリーが少ない

Apple Watchは基本的にバッテリー持ちが低く、朝から100%の状態にして使っても夕方頃には50%は切れていることが多いので、毎日使うなら使ってない時はこまめに充電することになります。

Apple Watch 7なら急速充電に対応しているので充電時間も短く済みますが、それでも元々のバッテリー容量をもっと増やして欲しいとは思います。

こまめに充電するのが面倒と感じる人は、Apple Watchを使うのが段々と億劫になるかもしれません。

・ヘルスケア機能は他のスマートウォッチでも代用できる

Apple Watchのヘルス機能だけ求めるなら、他社のスマートウォッチを使うほうがコスパがいいです。

なぜなら、Apple Watchのヘルス機能の大半は安いスマートウォッチでも代用できるからです。

例えばXiaomiのMi Band 6は1万円以下で買える格安スマートウォッチですが、ワークアウト機能や歩数計など運動時に使える機能のほとんどはMi Bandでも対応しています。

転倒検出機能や心電図アプリなどはMi Band 6には対応していませんが、それらの機能が必要ないのであればヘルスケア機能やフィットネス機能はMi Band 6で代用できるため、そのためにわざわざApple Watchを買う必要性はあまりないと感じました。

Apple Watchが必要な人、必要ない人

Apple Watchはこんな人にオススメ

  • 色々なバンドを使って見た目をカスタマイズしたい
  • 通知関連を素早く確認したい
  • 転倒検出機能などの機能を使いたい

バンドの種類が豊富なので、見た目を変えてオシャレしたい人にとってApple Watchはオススメです。

通知はApple Watchの方が素早く確認できますが、あまり通知を入れすぎると緊急性の高いメッセージが埋もれてしまうかもしれないので必要ない通知は入れないように設定しておく必要があります。

Apple Watchには転倒検出機能があるので、もしもの時のリスクを減らしたい場合に役立ちます。

逆に、Apple Watchをオススメできない人は以下になります。

  • iPhoneユーザーではない
  • 通知や充電管理が面倒なタイプの人
  • ヘルスケア機能に興味がない

Apple Watchの機能に魅力を感じない、必要性を感じたりしない場合は着けていてもただの時計になってしまうので、あくまでスマートウォッチとして活用できるかどうかが大事になってきます。

それに、時計と違ってスマートウォッチはこまめに充電する必要があるので、それが面倒だと感じる人はあまり向かないかもしれません。

買うなら安いモデルでもいい

僕はデザイン性と画面の大きさからApple Watch 7を購入しましたが、正直Apple Watch SEみたいな廉価版でも良かったと思いました。

Apple Watch SEだと

  • 常時点灯機能
  • 心電図アプリや血中酸素アプリ
  • 急速充電
  • ステンレススチールやチタニウムモデル

主に上記の要素が備わっていないことになりますが、それ以外の機能はほとんどApple Watch7と変わらないです。

Apple Watch 7を使っていても心電図や血中酸素アプリを活用することがほとんどない場合、Apple Watch SEでも問題ないと思います。

常時点灯機能は好みの問題もありますが、腕を上げないと画面が表示されないことが不便と感じる人は常時点灯ができるモデルの方が快適に使えると思います。

上記の機能のどれにも魅力を感じない人は迷わずSEをオススメします。

もっと安く済ませたい場合はApple Watch 3もあるので、まずはこちらを購入してApple Watchを体験してみるのも有りです。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

以上が半年ほどApple Watchを使ったメリットとデメリットの紹介になります。

メリット

  • 通知の確認が楽になった
  • バンドの種類が豊富
  • iPhoneやMacのロック解除が楽になる
  • 電子決済ができる

デメリット

  • 最新モデルの価格が高い
  • バッテリーが少ない
  • ヘルスケア機能など は他のスマートウォッチでも代用できる

Apple Watchを着けておくと様々なメリットがあって便利だと思いますが、ネックなのは価格の高さでしょう。

コストに見合うくらい使いこなせたり、見た目のカスタマイズを楽しめるようになると使っていて楽しいと思えるはずなので、購入を検討している方はApple Watchが自分に合いそうかどうか考えてみてください。

どうしても使ってみたい人は安いモデルを買ってみて自分なら使いこなせそうか試してみてはどうでしょうか。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

-アクセサリー, ガジェット
-,