格安SIM

eSIM契約するならIIJmio!他社よりオススメできる4つの理由

2022年9月16日

eSIMを契約したいけど、どこのキャリアが安いのか分からないという人にオススメなキャリアがIIJmioです。

IIJmioは選べるプランの選択肢が多く、あまり使わない人や、たくさん使いたい人でも安く利用できます。

例えば2GBだけなら850円8GBだけなら1,500円という安さで選べ、なおかつ使わない分は来月に繰り越しできるので余裕を持ってデータを使えます。

もちろん、ahamoやrakutenでもeSIMは利用できて使えるギガの量は多いと思います。

とはいえ、少ないギガしか使わない人であれば少ないデータ量のプランを選んだ方が経済的でしょう。

IIJmioは少なくも多くもない4GBや8GBという中間的なデータ量を選ぶこともできるので普段あまり使わないけどいざという時に使いたい場合も安心して使えると思います。

ということなので、本記事ではIIJmioのeSIMがオススメな理由を解説していきたいと思います。

IIJmiioのeSIMについて

IIJmioのeSIM注意点

  • eSIM対応スマホであること
  • 5Gは利用不可(データ通信SIMのみ)

eSIMは物理SIMと違って対応しているスマホでしか使えないので自分のスマホが対応しているか確認する必要があります。
➡対応スマホの一覧はこちら

5G通信に関しては音声SIMなら利用できますがデータ通信SIMだと利用でないので注意してください。

IIJmioの特徴だったりメリット・デメリットに関しては下記を参考にどうぞ。

IIJmioのギガプランが安い!メリットとデメリットを紹介

続きを見る

IIJmioがオススメの理由

他社と比較しても料金プランが安い

2GBから20GBまでプランが選べますが、いずれも大手よりも安く契約できます。

というのも、IIJmioはいわゆる格安SIMのため大手より品質は落ちるものの安くプランを提供できるという特徴があります。
eSIMが利用できる他社のプランと比較してみました。

 1GB2GB3GB4GB8GB12GB15GB20GB
IIJmio(※1)-850円-990円1,500円-1,800円2,000円
IIJmio(データ通信のみ)-440円-660円1,100円-1,430円1,650円
Rakuten--980----1,980
povo390-990----2,700
Y-mobile--2,178---3,278-
UQmobile--1,628---2,728-
ahamo-------2,970
LINEMO--990----2,728
LinksMate7377709021,0781,6062,090-2,970

※1 音声通話対応eSIMは10月25日から利用できます。
詳しくは公式サイト

例えば4GBや8GBのプランは他のキャリアには無いので料金が安く、普段そこそこデータを使う層にオススメです。

とはいえ、格安SIMは通信速度など品質が気になるとは思いますが、実際にIIJmioのeSIMを契約している身としては平日の昼間通信速度が遅い以外は問題なく使えているので問題ないと思っています。

品質が特に問題なくこの安さでプランを利用できるためスマホ代を安くしたい人にIIJmioを強くオススメしたいです。

通信品質は特に問題なし

メインスマホのサブ回線にIIJmioを契約していますが、品質に関しては特に問題ないと思っています。

というのも、2021年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査顧客満足度1位を受賞していることもあり品質や使い勝手は悪くないです。

平日の昼間に計測したときは下りが7Mbpsだったので格安らしい速度の落ち方をしています。
しかし朝や夜の時間帯は基本的に20Mbs以上は出ているので速度の問題は特にないでしょう。

もちろん、場所によっては繋がりにくいこともありますが、提供している回線がdocomoなので全く通信できないという環境に遭遇することはほとんどないでしょう。

データシェアプランというお得なオプションがある

IIJmioは家族で利用する場合にもメリットがあります。

というのも、データシェアプラン機能というオプションがあるためデータ容量を共有することができます。

例えば、父親がIIJmioに契約してmioIDを発行し、母や子供が同じmioIDを使って契約することでデータシェアが可能になり、データを家族で共有できて支払いは一つのmioIDに一括にまとめることができます。

SIM種類ギガ料金
音声SIM20GB2,000円
音声SIM2GB850円
eSIM8GB1,500円
合計-30GB4,350円

データシェアプランを利用していればデータを余らせたり、いつもより必要になった場合にも柔軟に使えて便利でしょう。

とはいえ、バランスよく使わないとデータを使い切って低速通信になるので計画性は必要です。

家族で料金やデータをまとめて管理、共有して無駄なく使いたい場合にもオススメなオプションです。

IIJmioのeSIMはサブ回線としてもオススメ

僕は物理SIMとeSIMのデュアル回線を使用しています。

なぜかというと、テレワークで普段データをあまり使わないので、なるべく料金を安く抑えたいからIIJmioのデータ通信SIMを使っています。

音声SIMに日本通信SIMを使ってデータ通信用にIIJmioを組み合わせるとかなり安いんですよね。

SIM種類ギガ料金
メイン回線音声SIM1GB290円
サブ回線eSIM(データ通信)8GB1,100円
合計-9GB1,390円

実はこの組み合わせ、eSIM(音声SIM)の8GBプランと比べても安いというメリットがあります。

もちろん、SIMを1つで運用した方が楽ですが、なるべく安くするための工夫としてデュアルSIM構成を使うのも有りだと思っています。

しかし、上記の組み合わせとIIJmioのeSIMとの差は100円くらいなので回線を2つ管理するのが面倒であればIIJmioのeSIM一択でも問題ないような気はします。

例えば主回線が大手キャリアを使っているなら、サブ回線をIIJmioのデータ通信用eSIMにして主回線のプランを一番安いプランにすれば全体の料金を安くできるかもしれないので物理SIM+eSIMのデュアルSIM構成ができるスマホなら検討するのも有りです。

公式サイトにもデュアルSIM対応機種を紹介してあります。

まとめ

IIJmioのeSIMがオススメの理由

  • 他社と比較しても料金プランが安い
  • 通信品質は特に問題なし
  • データシェアプラン等のお得なオプションがある
  • IIJmioのeSIMはサブ回線としてもオススメ

IIJmioのeSIMがオススメな人

IIJmioのeSIMはこんな方におすすめ

  • eSIMをサブ回線もしくはメイン回線として使いたい
  • 月のスマホ代を安くしたい
  • いざという時のサブ回線を持っておきたい
  • 家族とデータシェアしてギガを無駄なく使いたい

以上がIIJmioのeSIMの紹介になります。

執筆時点ではIIJmioのeSIMは音声通話に対応していませんが、10月25日から提供されるのでeSIMを利用したい人にとっても良い選択肢になるかと思います。

とにかく料金が安いので今よりも月額料金を安くしたい人にIIJmioはオススメなのでぜひ検討してみてください。

IIJmioを契約するには

  • IIJmioのサイトから申し込む
  • IIJmio取り扱い店舗から申し込む

詳しくは公式サイトをチェック

-格安SIM
-,