キャリア比較

ahamoとpovoを比較!選ぶならどっち?

2021年11月6日

ahamoとpovoってどっちがいいんだろう?プランや料金の違いはなんだろう?

こういった悩みに答えたい。

ahamoはdocomoのプラン、povoはauのプランとして提供されている。

どちらもプランとしては安いが、それぞれメリット、デメリットや速度の違いがある。

本記事を読むことで

・ahamoとpovoのメリット、デメリット
・ahamoとpovoの速度
・どういった人がahamo、もしくはpovoに向いているのか

これらの内容を知ることができるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

筆者
どうも、ヤマと申します。
ahamoとpovoを実際に使ってみて速度の比較などできたのでご参考になればと思います。
twitterをやっていますのでフォローしていただけるとありがたいです。
問い合わせはこちら

どちらがオススメか?

・一定の量のデータ通信を、使いたい時に使うならpovo

povoはデータ量をトッピングという形で追加できる。

画像を見てもらえると分かりやすい。

こういった感じで、分の使いたいようにトッピングを選べるのがpovoの特徴。

長期的に使うなら180日分の通信データを買う方がお得だし、1ヶ月だけ使いたいなら30日間の通信データを買うなど、その時に使いたいデータ量を選んで使える人に向いている。

・一般的な使い方ならahamo

対してahamoは、20GBまでで月2970円というプランが一つだけある。

プランが1つだけしかないのはpovoと比べて見劣りしてると思うかもしれないが、普段スマホをあまり使わない、慣れていない層からすればahamoの方がシンプルに感じるかもしれない。

ahamoのメリット、デメリット

メリット

メリット

・通話5分以内は無料
・5G、eSIMが使える
・端末セットが安い

ahamoの大きなメリットとして、通話5分以内は無料というところ。povoやlinemoではこういった5分以内の通話無料オプションはないので、頻繁に通話しないが、たまに通話する人にとってありがたい。

ahamoで契約する時にスマホも買うと通常よりお得に買えるメリットがある。

製品は現状3つで、去年や一昨年に販売されたスマホになるが、現在でも十分に戦えるモデルだ。

デメリット

デメリット

・povoより高い
・プランが一つだけ

単純な料金を比較してもahamoの方が高い。

それでもahamoを選ぶとしたら、通話5分以内無料が必要かどうかによる。

あとは、povoのトッピングに抵抗感とか使用する上で不安を感じそうならシンプルに使えるahamoがオススメ。

povoのメリット、デメリット

メリット

メリット

・大容量データを使える
・150GBのプランがお得
・1日データ使い放題が使える
・5G、eSIMが使える

ahamoと比べてpovoのプランの数は豊富で、1GBだけや3GBだけなど細かい量で使える。

さらに、20GB以上を使いたい場合でも90GBや150GBのプランもあってデータ通信を多く使う人にはありがたい。

料金で見ても、150GB(180日間)は非常にお得。

6ヶ月分のプランなので、一ヶ月25GBまで使えて月2163円くらいならahamoどころか他のプランよりも圧倒的に安くなる。

そこまで使う予定がなくても、1日だけ使い放題のプランもあるので、この日は外でデータ通信する頻度が高くなる時などで役に立つ。

デメリット

デメリット

・トッピングの更新が面倒
・データ管理しないといけない
・通話5分以内無料は無し

トッピングは切れたらその都度に自分でトッピングを買い足さないとデータ通信できなくなるので、人によってはそれが面倒に感じるかも。

トッピングが何日まで使えて、あと何GB使えるのか等を多少は気にしながら使わないと意外と早くデータを使い切るなんてこともあるかもしれないので、データ管理しないといけないのは面倒かと思う。

通話に関してahamoのような5分以内無料はないので、必要なら通話し放題のオプションを買うくらいしかない。

速度の比較

速度の面で気になる人もいると思うので、平日の速度を測ってみた。

都内某所で測定したので、場所によって速度は変わってくるかもしれない。

とりあえず4Gの速度で比較する。

・ahamo

朝と夕方の時間はまあまあの速度だが、昼の時間が若干遅い。

最近のahamoは調子が悪いのか分からないが速度が出づらい。

・povo

au系の回線が強い場所なのか、povoの速度が圧倒的に早い。

ahamoの速度も決して遅いわけではないが、

とりあえず速度を優先するなら、povoの方がオススメできる。

まとめ

まとめ

・データを使いたい時だけ使うならpovo
・速度はpovoの方が上
・povoは150GBで使うならお得
・一般的な使い方ならahamo
・ahamoの昼の速度は遅め
・ahamoは通話5分以内無料が付く

 

ahamoは万人向け

ahamoは毎月決まった額をカードなり銀行口座から引き落とすという、従来の支払い方法で運用できる。

大半の人はこれでやっているので、povoのように期間が過ぎる毎にトッピングを購入するという行為が面倒に感じる方にはahamoがオススメできる。

毎月20GBも使わないが、10GBくらいは毎月使っている人なら特にデータ量を気にせず使えると思うので、シンプルに使いたい人にahamoは向いている。

povoは長期的に見るとお得

povoの何が良いのかと言うと、12980円で180日間150GBが使えるということ。

単純計算で月に25GB使えるので、1ヶ月2163円くらいの計算になる。

ahamoが月20GBで2970円なので、月換算したらpovoの方が安くなる

仮に150GB使わないとしてもahamoの料金で6ヶ月だと17820円になってしまうので、料金的にはpovoの方が勝っている。

ただ、povoはトッピングの期限が切れたらその都度に買い足さなきゃいけないし、データ量が多いからといって期限内にデータ量を使い切ると低速になってしまうので人によっては不便というか、面倒な印象を受けるかも。

本記事の内容を見て、お好みで自分に合いそうなプランを選んでみて欲しい。

ahamoに関して更に詳しく知りたい場合は下記の記事をどうぞ。

ahamoは万人にオススメできる!7つのメリットと4つのデメリット紹介

続きを見る

-キャリア比較
-,